このページの本文へ

デュアルヘッド搭載「ダヴィンチ 2.0」、Wi-Fi対応の「ダヴィンチ 2.1」の発表も

6万9800円の個人向け3Dプリンター「ダヴィンチ 1.0」発表

2014年03月18日 19時18分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
7万円を切るコンシューマー向け3Dプリンター「ダヴィンチ 1.0 3Dプリンタ」

 XYZプリンティングジャパンは3月18日、コンシューマー向け3Dプリンター「ダヴィンチ 1.0 3Dプリンタ」を発表した。価格は税込み6万9800円で、4月以降も税込価格は変更しないという。すでにAmazon.co.jp、「XYZプリンティング 楽天市場店」で販売されており、ビックカメラ、コジマ、ソフマップなどの量販店では本日より発売となる。

筐体が囲まれたタイプとしては比較的低価格で、カートリッジ式のフィラメントを採用するなど、初心者でも扱いやすい点が特徴だとしている。

 同社ゼネラルマネジャー吉井宏之氏は「筐体に囲まれた設計になっており、届いてすぐに使えるように調整済みの状態で出荷される。組み立て式などの製品と比較して扱いやすく、専門家でなくても使えるという点で、家庭での使用に向いている」と説明した。

 印刷方式はのABS樹脂を溶かしながら積み上げていく熱溶解積層法で、プリントヘッドはシングルヘッド。最大動作エリアは約幅20×奥行き20×高さ20cmで、本体サイズは約幅46.9×奥行き55.8×高さ51.5mm。重量は約23.5kg。対応OSはWindows XP以上、Mac OS X 10.8以上。

 フィラメントカートリッジは全12色の販売を予定しており、現在提供している色は白、ブラック、レッド、ブルー、イエロー、グリーンの6色。カートリッジの価格は3280円。

 3Dモデルファイルのズーム、回転、サイズの調整ができるプレビューソフトをバンドル。ファイル形式はXYZ形式をサポートし、STL形式のインポートが可能だ。なお、3Dモデルのファイル編集機能はない。印刷解像度は専用ソフトから変更可能で、標準200ミクロン/高速300ミクロン/超高速400ミクロンより選択できる。100~400ミクロンのカスタム設定も可能だ。フィラメント直径は1.75mmで、印刷スピードは毎秒150mm。

 プリントヘッドとプラットフォームの距離を自動調整するキャリブレーション機能に加えて、温度コントロール、自動のヘッドクリーニングなどの機能により、安定した印刷が可能だという。ユーザーは1年保証、電話/メール対応の国内サポートセンターなどのサポートを受けられるほか、ウェブサイト「XYZクラウドギャラリー」では、XYZプリンティング専用の3Dモデルファイルを無償でダウンロードできる。個人ユーザーの作品のアップロードも可能だ。

吉井ゼネラルマネージャーは、デュアルヘッド搭載「ダヴィンチ 2.0」、Wi-Fi対応の「ダヴィンチ 2.1」を発売予定だと今後の展開を発表した。
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン