このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

PCに超望遠デジカメ、スピーカー……今買うべき2万円台デジタル製品第3回

人気爆発のBluetoothスピーカー、2万円台で買うならコレ!

2015年02月04日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音質の良さに驚くBluetoothスピーカーで
快適に音楽を楽しみたい!

 スマホや携帯プレーヤーで音楽を聴くのが、今の音楽リスニングの主流。自宅でもそのままヘッドフォンやイヤフォンで音楽を聴くという人も少なくないだろう。

 ただ、家の中でもヘッドフォンというのは案外不自由だ。ちょっと席を外してトイレに行くような場合でもノートPCや携帯プレーヤーごと一緒に持ち歩くか、ヘッドフォンを外す手間がある。家の中ではやはりスピーカーを使って聴く方が快適。

 そんな、スマホや携帯プレーヤー、PCなどを使った音楽リスニングにぴったりなのが、Bluetoothスピーカーなのである。

 今やBluetoothは、スマホや携帯プレーヤーならほとんど対応しており、機種やOSといった対応モデルを気にすることなく、音楽再生用に使える。しかも、価格はもっとも安価なものなら数千円で販売されており、個人用の手軽なオーディオ機器として広く普及している。

 ただし、安さばかりに目を向けていると肝心なものを見失う。それは音質。現在はスマホや携帯プレーヤーでもハイレゾ音源に対応したモデルが増えてきており、音質的なレベルはぐっと高まっている。しかも、このところのヘッドフォンブームで、付属ヘッドフォンでなく別売の音の良いヘッドフォンを愛用している人も増えている。

 ヘッドフォンはスピーカーと違って耳の直近に音を出すユニットがあるので、基本的に音の減衰などが少なく、情報量の豊かな音が得られる。それなりの価格の本格的なものならなおさらだ。

 一方、Bluetoothは、デジタル音声信号をSBCなどで圧縮をして伝送する。元の音源から情報を間引いて圧縮するので音質劣化が生じてしまう。すなわち原理的に音が悪い。だから、うっかり安さだけで選んでしまうと、その音の悪さにがっくりしてしまうことになる。

 今のBluetoothスピーカーが人気なのは、そんな音質的に不利なイメージを払拭するような、優秀モデルが各社から次々と登場してきたため。特に肝心なのがスピーカーユニットやアンプ回路をよくすることで、Bluetoothスピーカーでもかなりいい音が楽しめることが認知されてきたのだ。音の悪ささえ改善できれば、ワイヤレスで使える快適さは誰にとってもありがたいので、人気が出るのも当然。というわけだ。

 今回聴いた3モデルは、いずれも2万円台のBluetoothスピーカーとは思えない実力で、どれを選んでも気持ち良く音楽を楽しめるだろう。

 ソニーはHiFi調の忠実感のある音でジャンルを問わずにさまざまな音楽をしっかり鳴らせるタイプで、ボーズは聴いていて楽しいホットな感触と、広がりのある音は屋外で使いたい人にも適したモデルと言える。クリプシュはリアルな音色とボーカルの再現性が素晴らしく、ボーカル曲が好きな人には大きな魅力と言えるだろう。

 個人的にはLDACでの音のよさに感心したソニーが一番印象的だった。最新モデルという強みもあるが、より熟成度の高い製品になっていると感じる。あとは、LDAC対応の製品がより増えてくれることに期待するだけだ。

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中