このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

PCに超望遠デジカメ、スピーカー……今買うべき2万円台デジタル製品第1回

ノーパソからスティック型まで! 2万円台の激安PC3機種を試す!

2015年02月02日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 4月に向け、これからさまざまな新製品が発表される時期となる。

 現行品は旧機種に変わり、価格も安くなってくる。そんなタイミングを狙い、お買いものをしようというのは賢い選択だと思う。

 ということで、今年は“2万円台”というくくりで製品をチョイスしてみたのだが……この価格帯にはなかなかの名品が固まっていることが判明。特に、PCやデジカメ、スピーカーのカテゴリーでお買い得だと思われる製品が多い。本特集では、そんな2万円台のお買い得製品を紹介していく。

 第1回目となる今回は「PC」にフォーカスしてみた。とにかく安いPCといえばWindowsタブレットで代用という時期もあったが、最近はタブレットでなくても安くていいPCが揃ってきた。

 1つはクラムシェルの11.6型ノートPCながら2万円台。そして、今や品薄状態が続いているHDMI端子直結PC、定番化しつつある小型低価格PCの3台だ。

スリムで上質なボディーの2万円台モバイルノート
「HP Stream 11」

ブルーカラーが目を引く「HP Stream 11」
ブルーカラーが目を引く「HP Stream 11」

 2万円台のノートPCとなると数はだいぶ限られてくるのだが、きちんと使える「質」を備えているとなるとさらに限られる。

 そんな中に登場したのが「HP Stream 11」だ。エントリー需要を担うPCとして開発されたものだが、値段の割にしっかりとしたボディー、使いやすいサイズときちんとした打鍵感のあるキーボードで、きちんと使えるノートPCに仕上がっている。

 なお、価格は2万5800円となっているがこれは税抜価格で、税込だと2万7864円となる。また、本機は直販サイトのみの扱いで、さらに送料として3240円が必ずかかる。つまり、価格は2万円台だが、実際には合計3万1104円の支払いが必要となる。

 価格からしてCPUがBay Trailアーキテクチャのものになってしまうのは仕方がないが、搭載しているCeleron N2840はクロック周波数が2.16GHz、バースト時で最大2.58GHzと高いため比較的動作は機敏。メモリーは2GB、ストレージは32GB eMMCと容量は少ないものの、フラッシュメモリーなのでHDDよりは快適に動作する。

 液晶はノングレアの11.6型で解像度は1366×768ドット。タッチパネルは非搭載。最新のAndroidやiOSのタブレットに比べれば低い解像度だが、タブレットにないノングレアの表示は見ていて落ち着くという人もいるだろう。

 ボディーはカラーがとても目を引くブルーで、開くとキーボード側は手前が明るい色で奥が濃い色のグラデーションとなっている。キーボードは白で、青いボディーとのコントラストも良好。キーボードの視認性もいい。

 製品写真を見ると派手という印象を持つが、実物はつや消しでしっとりとした触感のある表面仕上げとなっており、写真で見た場合とはだいぶ印象が違う。

キーボードは比較的余裕があり、配列も自然だ
キーボードピッチは比較的余裕があり、配列も自然だ

 キーボードに触れてみると、打鍵感は軽くてストロークも短めだが、打ったか打たないかの感触がわかりやすく、打ちじはじめるとすぐに慣れた。キーボードピッチも大きめで、上下左右とも均等に並べられておりキーを的確に打てる。

 画面の縁取りが広めの11.6型なのでボディーサイズは余裕があり、キーボードの配置も自然。コンパクトなノートPCにありがちな右端のキーの横幅を無理に狭めたのはEnterキーやBSキー程度のため違和感なく打ち続けられる。

次ページへ続く、「電源コードが太めだが……

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン