このページの本文へ

オンラインストレージ利用で最小構成、低価格なPCを写真でチェック

2万円台! 鮮やかなブルーが際立つ11.6型「HP Stream 11-d000」をフォトレビュー

2014年12月17日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本ヒューレット・パッカードが発表した11.6型ノートPC「Stream 11-d000」

 日本ヒューレット・パッカードが12月17日に発表した「Stream 11-d000」は、米国で「200ドルPC」や「199.9ドルPC」などとして話題になっていた低価格な11.6型ノートPC。このPCの最大の特徴は、オンラインストレージなどのクラウドサービスを利用することで、ストレージ容量やプロセッサー、メモリーなどは“必要十分”にとどめている部分だ。今回は、鮮やかなホライズンブルーが際立つ本モデルを、まずは写真でチェックしてほしい。

 詳細なスペックや特徴については、こちらを参照してほしい。

Stream 11-d000の主なスペック
製品名 Stream 11-d000
CPU Celeron N2840(2.16GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス
メモリー 2GB
ストレージ 32GB eMMC
ディスプレー 11.6型(1366×768ドット)、ノングレア
通信規格 IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth
内蔵ドライブ
インターフェース USB 3.0端子×1、USB 2.0端子×1、HDMI端子×1、ヘッドフォン出力/マイク入力端子×1、SDカードスロット
駆動時間 約8時間15分
オンラインストレージ OneDrive 100GB(2年間)
サイズ/重量 幅300×奥行207×高さ21mm/1.26kg
OS Windows 8.1 Update with Bing(64bit)
価格 2万7864円
少し丸みを帯びたボディライン。筐体がほぼブルーで統一されているのも特徴の1つ

 低価格PCと聞くと、低スペックで使いにくい「ネットブック」を思い浮かべるかもしれない。しかしこのStream 11-d000は、2.16GHz動作のCeleron N2840を搭載しており、ウェブブラウジング時のパフォーマンスに不満は感じなかった。ストレージは32GBのフラッシュメモリー(eMMC)と容量は少ない。その代りマイクロソフトのクラウドストレージ「OneDrive」の100GBの利用権が2年分付いているので、容量不足におちいることはなさそうだ。

ホライズンブルーが印象的な天板。とてもシンプル
厚さは21mmと薄くはないが、スタイリッシュでそこまで気にならない
背面には日本ヒューレット・パッカードのロゴが英字でプリントしてある
本体右側にはUSB 3.0端子×1、USB 2.0端子×1、HDMI端子×1、ヘッドフォン出力/マイク入力端子を配置
左側にはSDカードスロットを用意
キーボードはエンターキー、バックスペースキーが若干小さい
立体的で臨場感があるサウンドが楽しめるという「dts Studio Sound」を採用
ACアダプターは小さ目
重量は1.26kg。十分カバンに入れて持ち運べる重さだ

カテゴリートップへ