このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

JALの新しい緊急着陸訓練施設はハイテク満載!

2015年01月17日 15時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ボーイング747(ジャンボジェット)をベースにした日本航空(以下JAL)の訓練施設で、キャビンアテンダント(以下CA)が訓練を受ける姿を以前記事でお伝えした。

以前取材した、JALの緊急避難訓練用施設

 しかし747は引退し、JALの主力は777や787に変わった今、よりリアルな状況で訓練できるように、JALが訓練施設そのものをリニューアルしたという。そこで、昨年完成したばかりの新訓練施設に突撃し、新設された設備を取材してきた。

今回取材するJALの新施設

 2014年4月から訓練用のつなぎ服のデザインもリニューアルされ、ちょっと制服っぽくなったのもポイントだ。むしろコッチが本命かも?

シートコンフィギュレーションは2-4-2。左右のドアが787と777になっている訓練用の作業着もデザインが変更され制服っぽくなった
全機AED搭載で救命措置も必須となったCA。これはマジ大変すべり台を使った緊急脱出訓練

リアルさを演出するAVシステムと
スモーク搭載の新施設

 旧施設は巨大工場のようで、エアコンもなく照明も暗い場所に機体の一部を切り出したモックアップを使っていた。他の職場からするとかなり大変な環境で、見た目はジャンボの格納庫と変わらない。そんな施設で新人訓練生から、ベテランCAが1年ごとに受ける定期検査が行なわれていた。

旧施設は、まるで工場。エアコンもなく暗く広大な屋根の下に、機体の一部を切り出したモックアップが置いてあった

 新施設は、ボーイング787/777がベースになっているので、ジャンボのように2階建てではなく見た目もコンパクト。ただキャビンサービス訓練用と違い、ドアと緊急脱出用のシューターを備えているので、ピルの1、2階をブチ抜いた施設になっている。

ボーイング787/777の訓練設備747の訓練設備は骨格のみに簡素化。その下には767のドア操作訓練設備(ドアトレーナー)がある
737の訓練設備は別室にある

→次のページヘ続く (新施設はハイテク満載!

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ