このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

どれだけ知ってる? 見たことある?

マニア向け専門誌にも載らない空港用特殊車両をほぼ見てきた!

2014年08月17日 12時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 この夏、飛行機で実家に帰ったり、国内外に遊びに行ったりという人も多いだろう。そんなとき注目して欲しいのが、空港で活躍する特殊車両だ。

 だいたい何をしているクルマか想像がつくものの、展望デッキから見ると小さすぎてディテールが見えず、機内から見ると部分的にしか見えない、空港で働く特殊車両。

 今回、日本航空のご好意で、見たくても見られないそれら特殊車両をじっくりと堪能する機会に恵まれたので、ここでタップリと披露しよう! ポロリもあるよ。ん? ポロリって何だ!?

トーイングトラクター(TT)

 「空港の裏側に密着! JALの預け手荷物がロストしない秘密」でも紹介した旅客の手荷物を入れたコンテナを牽引する車両。1台で6個のコンテナを牽引できる。

製造元:トヨタ
寸 法:全長3.6m、全幅1.4m、全高1.4m
車 重:3.6t
排気量:2486cc
馬 力:55HP
最高速:25km/h

空港で一番多く見かけるのがトーイングトラクター。愛嬌がある顔つきもキュート
クルマを離れるときには、どんな車両でも必ずクルマ止めを入れる規則になっているという。面倒だが安全第一ということだった教科書に出てきそうなシンプルなエンジンルーム。何の苦労もせずにエレメントが交換できるってすごい

ハイリフトローダー(HLB)

 トーイングトラクターと連携してコンテナを機内に搬入出する。機体に車両が接触してはならず、その間隔は10cm程度でなければならず、運転が難しいという。

製造元:シンフォニアテクノロジー
寸 法:全長12m、全幅3.2m、全高2.9m
車 重:12t
排気量:3246cc
馬 力:62.4HP
最高速:15km/h

運転台を低い位置のまま機体に近づけ、機体のカーゴ(貨物室)ドアをオープン。運転台の高さを調節する
機体との間隔はおよそ10cm。カーゴの床との高さ(黄色と黒の縞)を合わせる(若干低め)
車両を安定させるアウトリガ(片側に3本、全6本)を出し固定。機体の床より少し低くしたのは、アウトリガで数cm高くなるため
一度にコンテナ2個を昇降できる。人手でコンテナを機内から引っ張り出す(押し込む)必要はなくモーターの力で自動化されているアウトリガを持つ車両は、必ず手動の油圧ポンプハンドルを備えている。万が一、車両の油圧系に異常があった場合は、手動ハンドルでアウトリガを引っ込めて、立ち往生しないようにしている!

ベルトローダー(BL)

 ほとんど場合、機内からコクピットを見て右側後方にある後部貨物室に配備される。コンテナに入らない特殊な荷物などを、バルク(バラ)カーゴ室に積み込む。ボーイング767と787の場合は、左側後部に付く。

製造元:シンフォニアテクノロジー
寸 法:全長7.7m、全幅2.2m、全高2.5m
車 重:3.9t
排気量:2663cc
馬 力:47.1HP
最高速:30km/h

ベルトローダーの装着場所は、 航空機のばら積み貨物室(バルク)のドアの位置により異なる。写真のボーイング777は、後部貨物室にハイリフトローダーと並んで配置される。写真手前がハイリフトローダー、奥がベルトローダーボーイング767の場合は、後部右側にハイリフトローダー(写真で機体の向こう側)、後部左側(写真で機体の手前側)にベルトローダーが付く
ベルトコンベアを上げて荷物を積み込む。前方にアウトリガ、後部にクルマ止めが見える

次のページに続く (飛行機を牽引するトーイングカーなど

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ