このページの本文へ

年末年始を楽しくするデジタルガジェット ― 第5回

お出かけのお供に

安くて高容量は当たり前、機能で選ぶモバイルバッテリー5選

2015年01月02日 10時00分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
外出に欠かせないモバイルバッテリーを5製品紹介。

 初詣や初売り、挨拶回りに新年会など、年末年始は意外と出かける機会が多い。移動や待ち時間の暇つぶしに欠かせないスマホだが、充電切れが心配だ。出かけるときには、モバイルバッテリーを1台持っていると安心できる。

 モバイルバッテリーは日進月歩で進化しており、容量や性能が多様化している。すでに持っているという人も多いだろうが、何かとイベントが多いこの時期だからこそ、買い替えや2台目を検討してみるのはアリではないだろうか。ベーシックなものから個性派まで5製品を紹介するので、モバイルバッテリーを選ぶ際の参考にして欲しい。

 ちなみにスマホのバッテリー容量は1400~2500mAh。iPhone 6 Plusは2900mAhと言われている。GPSやBluetooth機能をオンにしていると、速いペースでバッテリーを使うことになる。自分が持っているスマホやタブレットの電池容量と、外出時にどの程度使うかを考慮した上で、自分に合った製品を選ぼう。

システム手帳に挟める超薄型バッテリー

サンコー「手帳に挟めるリフィル型バッテリー8000mAh」
実売価格 5980円(サンコーレアモノショップ価格)


 ビジネスに欠かせないシステム手帳に綴じ込んで持ち歩けるバッテリーだ。超極薄6mmの平べったいA5サイズで、一般的なシステム手帳の6穴バインダーに合わせた穴があいている。バッテリー容量は8000mAhで、2.1A出力のUSBポートと、本体に充電ケーブルがしまえる5V/1AのMicro-USBポートと、5V/2.1AのUSBポートの2つの出力口を搭載。残電量がわかるLED付き。収納用ケーブルとしてMicro-USBケーブルとLightningケーブルが付属している。

■関連情報

ノートPCも充電できる、2万3000mAhの超大容量!

サンワサプライ「700-BTL017BK」
実売価格 1万5800円(サンワサプライ価格)


 最大2.1A、1Aの2ポートのUSB端子を搭載。DC出力、入力端子も備え、スマホ、タブレット、ノートパソコンへの3台同時給電も可能。DC出力は9/12/16/19/20Vの出力が選択でき、付属の9種類の変換プラグで各種ノートパソコンの外部バッテリーとして利用できる。本体は電池残量を10%単位で表示する液晶表示を備える。本体サイズは約幅124×奥行き185×厚み19.5mm、重量は約560g。価格は1万5800円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連情報

Ingressコラボデザインのバッテリー

cheero「CHEERO×INGRESS MOBILE BATTERY 12000MAH」
価格未定


 今年大流行した、リアルタイム陣取りゲームアプリ「Ingress(イングレス)」。プレイ時に役立つモバイルバッテリーや自転車用マウント、ヘッドセットなどのガジェットは、エージェントの間では「リアル課金アイテム」と呼ばれている。

 そんなIngressとコラボしたモバイルバッテリーが2015年1月末に発売予定。黒い本体にXMの光が浮かび上がる、Ingressの世界観をそのまま反映したデザインだ。12000mAhの大容量で、DC5V/1A、DC5V/2.1Aの2ポートを備える。青と緑のLEDギミックはボタンで6種類の表情に切り替えが可能。

■Amazon.co.jpで購入

■関連情報

iPhoneユーザーにオススメの外付けメモリー付き

イメーション「LINK Power Drive」
実売価格 16GB:8745円、32GB:1万1500円、64GB:1万6000円(Amazon価格)


 iPhoneの容量不足とバッテリー不足を同時に解決する、外付けメモリー付きバッテリー。バッテリー容量は3000mAh。iPhoneやiPad、iPad miniのLightningコネクターを搭載する機種で利用できる。高速のデータ転送が可能で、100MBの動画であれば約12秒で読み出せる。専用データ管理アプリ「Imation LINK Power Drive」が無料で利用できる。容量が16/32/64GBの3モデルが用意されている。

■Amazon.co.jpで購入

■関連情報

充電中もスマホに給電できる

エレコム「DE-M01L-5230」
実売価格 2ポートタイプ:2200円前後、1ポートタイプ:2000円前後(Amazon価格)


 スマホとモバイルバッテリー両方充電したいけど、電源が1箇所しか使えない…そんなときに役立つ製品。スマホとモバイルバッテリー双方を一括で充電できる「まとめてチャージ!」機能が特徴だ。モバイルバッテリー本体は約1.6時間で充電可能。

 ラインアップは、スマートフォン2台へ同時給電できる2ポートの「DE-M01L-5230」(5200mAh)と、1台に給電可能な1ポートの「DE-M02L-2615」(2600mAh)の2製品。カラーはDE-M01L-5230がブルー/イエロー/シルバーなど計8色、DE-M02L-2615はブラック/グリーン/ピンク/ホワイトの計4色。

■Amazon.co.jpで購入

■関連情報

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン