このページの本文へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 第183回

iPhone 5に付いたキズを酸化セリウムでムキになって磨いてみる技

2014年12月24日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneのキズが無くなったのでガラスフィルムを貼ってみた

 研磨したので、当然ガラスの撥油コーティングは剥がれてしまっている。濡れたタオルで画面を拭くと、磨いた部分がまるわかりになるのだ。操作には支障はないが、完璧を期すために、ガラスフィルムを貼ってみることにする。

Ankerのガラスフィルム。クリーニングクロスからごみ取り、スクレーパーまでフルセット。これで799円

 チョイスしたのはAnkerのガラスフィルム。800円と低価格なのに、評判は悪くない。早速、手順通りにごみを取って、ガラスを貼る。位置取りは一発で決まったのだが、気泡が取れない。あれ? ある程度押し出したのだが、どうしても3ヵ所空気が出ない。それに、画面全体に小さな貼ムラがある。

 左部分に気泡がないことで、研磨が原因であることに気が付く。3か所の気泡は特に傷が深くて集中して研磨したところだ。触感でも見た目でもへこんでいるようには感じなかったのだが、やはり削れていたのだ。これは、もうどうしようもない。そのまま使う方が気になるので、もったいないが剥がすことにした。

画面をキレイにする

ガラスフィルムを取り出す

裏面のフィルムをはがし、ホームボタンをつかって位置を合わせる

貼り合わせたが、空気が抜けない!

次ページでは、フッ素コーティングにチャレンジ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン