このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第9回

公衆無線LAN付きで月480円! ヨドバシカメラの格安SIMを試す

2014年09月25日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ヨドバシカメラのSIM「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」

ヨドバシカメラのSIM「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」

 ヨドバシカメラのSIM「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」が9月にサービスをスタートしたので、少し遅れて購入して試してみた。安さを前面に出していることもあり、今回は最も安い月額480円コースで検証した。

公衆無線LANサービスが無料で使えて
月額480円からの「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」

ドコモの回線を使っているため、ドコモのSIMが提供される

ドコモの回線を使っているため、ドコモのSIMが提供される

 7月に発表されてから話題になったヨドバシカメラのワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカードの特徴は、最低料金のプランは高速通信がないとはいえ、税込で月額480円という金額。

 しかも、ワイヤレスゲートWi-Fiの利用権がついてくるので、公衆無線LANサービスが使い放題。ワイヤレスゲートWi-Fiを単体で申し込みすると月額390円なので、速度は遅いがたった90円のプラスでどこでも通信ができる環境が手に入る。

 ワイヤレスゲートWi-Fiは、数年前からサービスが提供され、マクドナルドやスターバックス、東海道新幹線で使えるなど、手頃な料金ながら使える範囲が広い公衆無線LANとして便利に使ってきた人も多いはず。

 中にはヨドバシカメラで商品購入時に割引の条件として加入して、試してみたことがある人もいるはずだ。

 ビックカメラで販売しているIIJmioベースの格安SIM「BIC SIM」にも無料の公衆無線LANがついてくるが、最低料金はこちらのほうが安く、使える範囲も異なるためヨドバシカメラのSIMのほうが自分に合っているという人もいるだろう。

 しかも、480円プランは高速通信がないかわりに低速通信時の通信速度は250kbps。他社のサービスは高速通信分を使いきった後は200kbpsというのが多く、低速時の速度が少しだけ高速である点は見逃せない。

 また、高速通信も使いたいという人には月額920円で1GB、2480円で5GB、5490円で10GBの高速通信ができるプランも選択可能。SMS機能付きも選べる。

購入後にプラン変更できないので注意!

 とりあえず安い480円プランで加入しようと思ってよく見ると「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」は後からプラン変更ができないことに気付いた。

 そしてSIMサイズの変更も不可。容量で迷っている人はよく選んでから加入するべきだろう。特につい最近、IIJmioが高速通信容量を倍にするというサービス拡充を発表したばかり。今後他社の追随も十分考えられ、このサービスもどうなるかわからない。そのため、将来のことも含めてプラン選択は慎重になる必要がある。

 とはいえ、高速通信はいらないからとにかく安いのがいい、という人であれば、今すぐに480円プランに加入してもいいだろう。前述のとおり低速とはいえ他サービスの最低通信速度よりもちょっと速めの250kbpsで通信できるからだ。

 250kbpsは現在の基準から見ると極めて低速に見えるが、2007年のイー・モバイルの登場までは、安価に使える高速モバイル通信といえばPHSの128kbpsだったので、それに比べれば高速。

 PCをつないでバリバリに使うというのでもなく、スマートフォン用のウェブサイトや添付ファイルのないメール利用などなら苦痛に感じる速度でもないはずだ。

 また、もし、高速通信が必要な場面になれば、200MBあたり540円で通信量チャージオプションの購入が可能だ。480円プランに一度でも通信量チャージオプションを購入すれば、上位の920円オプションよりも高くなってしまうが、それは仕方ないだろう。

設定はまずAPNの設定

設定はまずAPNの設定

APNの設定が終わり、ウェブブラウザーを開くと申し込みページにリダイレクトされる

APNの設定が終わり、ウェブブラウザーを開くと申し込みページにリダイレクトされる

名前などを入力

名前などを入力

クレジットカード番号を入力

クレジットカード番号を入力

 今回試した端末は「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」。APNはパッケージに書いてある通りに設定し、接続のIDとパスワードは共通なので、違う端末にSIMを差し替えることがあっても、アカウント情報を探す必要はない。

アプリをダウンロードすると、高速/低速の切り替えや容量のチャージなどが行なえる

アプリをダウンロードすると、高速/低速の切り替えや容量のチャージなどが行なえる

 登録手続きもウェブブラウザーを立ち上げると自動で登録ページにリダイレクトされ、スマートフォン上ですべて手続きが済んでしまう。出先でちょっとSIMを買っても、クレジットカードと対応スマートフォンさえあればその場で手続きは完了してしまう。

次ページへ続く、「実測! 480円プランは意外に快適だったが……

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン