このページの本文へ

違約金0円! ワイヤレスゲート、業界最安クラスの音声通話付SIMを発売

2015年04月14日 12時57分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 公衆無線LANサービスやモバイルサービスといったワイヤレスブロードバンドサービスを提供するワイヤレスゲートは、音声通話とデータ通信が可能なSIMカード「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 音声通話プラン」を4月28日から発売する。取り扱いは日本全国のヨドバシカメラ店舗や通販サイトの「ヨドバシ・ドットコム」にて。

 この新SIMカードの発売に先駆けて今日14日に秋葉原のヨドバシカメラ店頭で記者発表を行ない、登壇したワイヤレスゲート 代表取締役 CEOの池田武弘氏は「これまで弊社はどちらかというとデータヘビーなユーザーが多く、そういった方々向けのデータ通信サービスが中心でした。しかし、5月から義務化されるSIMフリーに向けて、音声通話機能も欲しいというお客さまの声に応えるべく、このSIMカードの発売に至りました」と語った。

ワイヤレスゲート 代表取締役 CEO 池田武弘氏ヨドバシカメラ 常務取締役販売本部長 日野文彦氏

 ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 音声通話プランは文字通り全国4万ヵ所以上のWi-Fiスポットと下り最大150MbpsのLTE通信が使えるSIMカード。特徴としては、料金プランが4種類用意されていること、そして違約金が発生しないことだ。

途中解約の違約金が発生しないのは、スマホを次々に乗り換えるヘビーユーザーにはうれしい

 料金プランは以下(すべて税込)。通話料金はすべて30秒21.6円。

  • 音声+250Kbpsデータプラン/月額1300円
  • 音声+150Mbpsデータプラン(3GB)/月額1700円
  • 音声+150Mbpsデータプラン(5GB)/月額2300円
  • 音声+150Mbpsデータプラン(8GB)/月額3500円

 動画は見ないけどメールやSNSはチェックするというライトユーザーは250Kbpsプラン、データ通信を多くする人は150Mbpsのプランを選ぶといいだろう。250Kbpsプランはデータ通信が使い放題、150Mbpsのプランはそれぞれ上限が決められている。ただし、直近3日で1GBなどの制限はないため、例えば1日でいきなり8GBを使い切ってしまうことも可能。容量を使い切ってしまったあとは250Kbpsに速度が制限されるものの、これまでの同社のプランと同じく200MB/540円でチャージできる。なお、LTE網はドコモのXi(3GはFOMA)が使われている。

 また、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 音声通話プランは違約金0円を謳っている。いわゆる2年契約や解約手数料などがかからないという(ただし、MNPの転出費用は1万1880円)。“MNPの弾”になるなどの懸念について池田氏は「あまり気にしてはいません。SIMフリー化になるとキャリアさんのMNPにおけるキャッシュバックや月々の割引などが縮小されていくと思いますし、適正な市場価格になるのでは、と考えています」とコメントした。

 ヨドバシカメラのマルチメディア Akibaでは5月中旬からワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 音声通話プランをその場で申し込みできる「ヨドバシカメラSIMフリーカウンター」を設置すし、年内に全国10店舗の拡大を目指すという。

SIMフリーカウンターの設置と、そのメリット

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン