このページの本文へ

名画の中に歩いて入れるような新しい美術館の楽しみ方

大日本印刷、インタラクティブ鑑賞システムをパッケージ販売

2014年07月04日 17時59分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
タッチパネル付きの大型デジタルサイネージ「ヒストリーウォール」

 大日本印刷(DNP)は7月4日、同社がこれまで展示施設やショールーム向けなどに開発してきた7つのインタラクティブ鑑賞システムをパッケージ化、低価格・短納期で提供すると発表した。

名画の中に入り込める「ウォークビュー」

 画像合成やセンシング、マルチメディアの技術を組み合わせたもので、鑑賞する人の動きに連動して異なる体験ができるインタラクティブ性を持つシステム。美術館では「名画の中に飛び込む」、「オリジナルデザインを実物に」、「壁をくりぬいて向こうを見る」といった新しい体験ができる。

タッチして美術品をデザインできる「ワークショップクリエイター」

 「ウォークビュー」はスクリーンに投影された絵の前に立った人の動きに合わせて画像が変化、名画の中に歩いて入り込めるような感覚が味わえる。DNPが開催したルーブル美術館収蔵品のマルチメディア鑑賞イベント「ルーブル-DNP」でも好評を博した。

関連情報を次々と表示できる「フローテーブル」

 プロジェクションを用いたシステムとしては、上からの画像投影により、幾つもの画像を合わせて美術品などを利用者がデザインできる「ワークショップクリエイター」、アイコンをタッチして関連情報を次々と表示できる「フローテーブル」、紙のパンフレットをテーブルに置くと補完情報を投影する「AR(拡張現実)パンフレット」、スクリーンに投影された映像に鑑賞者が一緒に映しだされる「エフェクトショット」、くりぬいた壁の向こうに風景が広がるように見え、レーザーポーインターで操作できる「ウォールプレゼンター」がある。

QRコードの印刷された紙のパンフレットを置くと関連情報が投影される「AR(拡張現実)パンフレット」

 壁面の大型表示装置に年表など時系列に沿った情報を提供し、タッチして拡大・閲覧できる「ヒストリーウォール」など、デジタルサイネージ的なシステムも用意される。

 パッケージ化することにより、各システムをオリジナルに開発する場合に比べて2分の1から3分の1の価格と納期で提供できるという。価格は約400万円~700万円。

 「ウォークビュー」紹介動画

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン