このページの本文へ

今度こそあの頂へ! ミクGTプロジェクト7年目の正直第5回

SUPER GT開幕戦でミクZ4がBMWのワンツー優勝!

2014年04月09日 22時22分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●鉄谷康博、加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

決勝はロケットスタートでいきなりの快走!

 4月6日の決勝日は、やはり天候が不安定。岡山は毎年天候が読めず、荒れなかった年がほとんどない。フリー走行時も雨が降っており、ウェット宣言だったので、レインタイヤで走行。サーキットサファリでは若干雨がパラついていたものの、ピットウォークではすっかり晴れ上がっていた。

 14時の決勝レーススタート時には気温が低かったが完全にドライコンディションになった。スタートドライバーを託されたのは片岡選手だ。ここからは恒例のフォーメーションラップからのローリングスタートなだが、今シーズンから、GT500 マシンのブレーキを温めるため、フォーメーションラップが2周になった。もちろん、GT300の車両も2周走らなくてはいけない。ブレーキが思ったより暖まらなかったのか、フォーメーションラップは3周になったが、ついに2014年の開幕戦決勝がスタート!

 GT500に遅れることGT300もローリングスタート。ミクZ4を駆る片岡選手はバツグンのロケットスタートを決め、ポールポジションだった#31 OGT Panasonic PRIUSに早くも1コーナーで並ぶ。さらにそのままオーバーテイクし、いきなり1位に踊り出たのだった。ここから、#31とミクZ4のバトルがしばらく続く。差を広げたり縮められたりと、一進一退の攻防が続いたが、途中で雹混じりの雨が振ってきたところからレースが動く。それまで3位を走行中だった#11 GAINER DIXCEL SLSが、このコンディションにタイヤが合っていたのか、突如猛追を始める。すぐに#31をパスし、ミクZ4の背後に迫って、そのまま抜き去ってしまった。

 しかし、レースはこのままでは終わらない。23周目にポールを獲得した#31がトラブルでリタイヤしてしまう。その後、トップを走っていた#11もタイヤがバーストして大きく後退、ピットインを余儀なくされた。約40周を走りきったミクZ4はピットインし、谷口選手へとドライバー交代し、タイヤは左側2輪のみを交換し、再びコースに戻る。

 このタイミングで#7にトップを譲ったものの、#7のピットインのタイミングで抜き返し、ミクZ4はトップの座に返り咲く。#7はピット作業でトラブルがあったらしく、思わぬタイムロスをしたようだ。

 ミクZ4は1位のままレース終盤に。#7とは10秒ほどの差があったが、徐々に詰まってきた。さすが、BMWを知り尽くしている男・ヨルグ・ミューラー選手だ。間違いなく日本でトップクラスのドライバー、谷口選手をジリジリと追い詰める。しかし、谷口選手は相手のペースとギャップ、残り周回数などを計算しながらクレバーにポジションをキープ。最後は「0.329」まで差を詰められていたが、ミクZ4は1位のままゴールし、なんとBMW Z4のワンツーフィニッシュをいきなり実現してしまった!

 今回の優勝を受けて、現在グッドスマイレーシングで募集中の個人スポンサー ねんどろいどコースのすべてに優勝トロフィーが新たに付属することが発表された。申し込みはこちらのニコニコ直販個人スポンサー特集サイトから。

このねんどろいどコースでのみ手に入る、ねんどろいど「レーシングミク 2014 ver.」

 次戦、富士スピードウェイはゴールデンウィークまっただ中の5月3~4日に開催される。ミクZ4の2連勝を目の前で見るために、みんなで応援にいくべし!

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ