このページの本文へ

今度こそあの頂へ! ミクGTプロジェクト7年目の正直第21回

ミクZ4、GT最終戦の予選で3位! てっぺん見えたか!?

2014年11月15日 23時37分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

練習走行で苦しむも、予選はばっちり決めて
3位で通過!

 今日15日、SUEPR GT 第8戦 ツインリンクもてぎ(栃木県)の予選が開催された。

小林可夢偉選手も応援に駆けつけた! 日曜日も最後まで見届けるとのこと

 金曜日に行なわれた3時間に及ぶ練習走行、そして今日の午前中に行なわれた練習走行では、タイムがいまひとつ上がらずに、セッティングに苦しんだミクZ4。

 予選1回目は片岡選手がアタックを担当。3周目でいきなり「1'48.461」を出して3番手で余裕の通過。

 予選2回目は谷口選手が出陣し。すぐに「1'48.500」を出して暫定トップに躍り出る。直後、最大のライバルである11号車(ゲイナーSLS)が47秒台を出して1位に躍り出る。2位をキープできるかと思いきや、31号車(プリウスGT)がハイブリッドのメリットを最大限に活かして47秒台を記録。最終的には3番手タイムで予選を終えることができた。

 同胞の7号車(Studie Z4)は残念ながら予選1回目で脱落。14位となった。

 明日は3番グリッドからのスタートとなる。一時はあわやと思われたが、しっかりとチャンピオンをロックオンできる位置にきた。2011年にチャンピオンを取ったときも、最初は11号車が調子が良くて4号車はイマイチだった。あの再来を期待して、明日はミクさんの女王戴冠をその目に焼き付けよう!

予選後の生放送では久々の番場選手が飛び入り出演!

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ