このページの本文へ

安価なDaaSタイプと、カスタマイズ可能なシステム提供タイプを用意

ビットアイル、「Azure」基盤のリモートデスクトップサービス

2014年03月10日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビットアイルは3月7日、マイクロソフトが提供する「Windows Azure」クラウド上に構築したリモートデスクトップサービス「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」を発表した。大規模企業向けのサービスで、3月20日から提供を開始する。

 同サービスでは、Windows Server 2012 R2上のデスクトップ環境(RDS、Windows 8.1相当)を提供する。「Microsoft Office 2013」や「Adobe Reader」「Internet Explorer 11」といったアプリケーションが提供され、PCだけでなくスマートデバイスからもアクセスすることが可能。

「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」の構成、および他のビットアイルサービスとの関係

 提供されるサービスは2タイプで、標準提供されるデスクトップをそのまま使う安価な「DaaS型」と、自社要件に合わせてカスタマイズしたデスクトップを使える「システム提供型」がある。

提供されるサービスタイプ

 ビットアイルでは、2月26日にマイクロソフトが開設したAzureの国内リージョン(関連記事)を利用することで、日本国内のユーザーはネットワーク遅延を気にすることなく、サービスを利用できるとしている。

 なお発表によれば、Azure上で展開されるデスクトップサービスは国内初。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ