このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

KaveriとMini-ITXで今どきの小型PCを自作第2回

水冷化に挑戦! Corsair製ケース「250D」がすんごくステキ

2014年02月20日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 A10-7850K×mini-ITX特集の第2回は、中級者向けの自作指南としてCorsair製のmini-ITXケース「250D」での組み立て方法をレクチャーしていく。さらに水冷化にも挑戦してみよう。

 「A10-7850K」の性能やベンチマークスコアについては、こちらの記事を見てもらうとして、ここではMini-ITXケースとしての完成度の高さが評判の「250D」を使って、自作のポイントを組み立て写真とともにチェックしていく。

Corsairh初のMini-ITXケース「250D」

 まず「250D」の概要から見てみよう。キューブ型PCケースで、280(W)×345(D)×290(H)mmというサイズになっている。Mini-ITXマザーを平置きするため横幅があるものの、背は低くく、タワー系の置き場に困っているユーザーにはちょうどいいといったところだ。

 スペックの概要は、5インチベイ×1、3.5インチベイ×2、2.5インチベイ×2、対応電源はATXとなっている。また対応マザーボード規格は、上記の通り、Mini-ITX。なお、3.5インチベイと2.5インチベイは排他利用になっている。

メンテナンス性がとても高い

 「250D」の特長は、270mmクラスのビデオカードも楽々搭載可能な点もあるが、それ以上に考えられたメンテナンス性にあり、つまり組み立てのときもかゆいところに手が届くというわけだ。

 とりわけ、キューブタイプのケースは内部の狭さもあり、ケーブルマネージメントでストレスが溜まるのものだが、ストレージはもちろん、ATX電源もスロットインでセットできるため、組み立てがとても楽だった。

 Mini-ITXマザーである以上、PCI Expressでの拡張性は乏しいのだが、ファンの清掃やケーブルの張り替えのしやすさなど、ケース内へのアクセスの多いユーザーほど、評価に至る要素になるだろう。

本体正面。UBS 3.0×2、オーディオ端子を備える本体背面。80mmファン×2の取り付け箇所のほか、ストレージと電源用のスロットも確認できる
本体の両側面には大きなメッシュが用意されている。また右側面には120mmファン×2を取り付け可能だ本体底面。ATX電源設置場所にメッシュあり。保護フィルターも標準装備されている。また4つの脚の先端はゴムになっており、振動を低減する仕様。このあたりは趣味で改良を加えやすそうだ
フロント部分は一部開閉式。その奥には低速回転の140mmファンを備えるそして天板を見てみると、天板の一部がクリアパーツになっており、内部を確認してウフフできる
天板と両側のパネルを外したところ。また5.25インチベイも取り外し可能。作業をした限りでは、5インチベイを外さなくても十分な作業性を確保できたので、マザーボードのレイアウト次第といったところとくに左側面はガッツリとスペースが確保されているので、基本、こちらからの作業になる
ケースから伸びるコントロールケーブルネジなどが入った箱は、3.5インチベイにマウントされていた
マウンターはネジレス電源を設置する場所には、電源の振動を伝えないよう、ゴム足が4つ用意されている

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中