このページの本文へ

中小企業やSOHO向けのクラウドストレージサービス

ニフティ、「箱をつなぐだけ」の簡単クラウド型ストレージ

2014年01月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニフティは1月21日、中小企業やSOHO向けのクラウド型ストレージサービス「ニフティクラウド シンプルファイルサーバー」の提供を開始した。専用機器(サービスアダプター)をルーターにつなぐだけで簡単に導入できるのが特徴。

 同サービスは、導入や設定の簡単さと高度なセキュリティ、データの保全性を追求して開発されたもの。サービスアダプターを設置したユーザー環境と、国内データセンターにあるニフティクラウド上のストレージ領域を暗号化通信路(IPsec VPN)で接続し、エンドユーザーはWindowsのエクスプローラーを通じてファイルを管理できる。ニフティクラウド側の保存領域はトリプルミラー構成により冗長化が図られており、保全性を高めている。

ニフティクラウド シンプルファイルサーバーの概要

 サービスアダプターを含む「スタートキット」を購入し、インターネット接続しているルーターにサービスアダプターを接続して、ニフティへの法人ID登録とオンラインアクティベーションを行えば利用開始することができる。

 対応端末(OS)はWindows Vista/7/8/8.1(各64ビット版含む)。価格は、スタートキットが4万9800円、月額費用はストレージ容量に応じて1万5000円(500GB)から11万9000円(10TB)。利用端末数に制限はないが、同時接続数は10台までとなっている。

ニフティクラウド シンプルファイルサーバーのスタートキットとサービスアダプター

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ