このページの本文へ

設定不要で拠点-クラウド間、拠点-拠点間の暗号化通信を提供

ニフティ、箱をつなぐだけの「シンプルVPN」発売

2014年04月11日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニフティは4月10日、クラウドサービス「ニフティクラウド」において、オフィスなどの拠点ネットワークに小型の専用機器(サービスアダプタ)を接続するだけで利用できるIPsec VPNサービス「シンプルVPN」の提供を開始した。

 シンプルVPNは、設定不要(ゼロコンフィグ)のIPsec VPNを提供するサービス。ニフティが運用する中継センター(PL2Cセンター)経由で、複数の顧客拠点を同一ネットワークとして接続する「拠点間接続サービス」、ニフティクラウド上の顧客クラウドサーバーと拠点をセキュアに接続する「クラウド接続サービス」、外出先や遠隔地のPC/デバイスと拠点をセキュアに接続する「リモート接続サービス」を提供する。

シンプルVPNのサービス構成図。3タイプの接続サービスを提供する
シンプルVPNのサービスアダプタ。100MbpsのLANポート×4、WANポート×1を備え、サイズはW143×D97×H26mm

 また、拠点内のネットワークに接続されている機器の一覧を参照できる「デバイス管理サービス」も付随する。

 利用料金は、シンプルVPNサービス基本料金(初期費用、月額料金)と、各接続サービスの料金(都度料金または月額料金)に分かれている。基本料金はサービスアダプターの台数に応じて変動する。

シンプルVPNサービスの料金表(すべて税抜表記)

カテゴリートップへ

ピックアップ