このページの本文へ

超贅沢な仕様で登場したiriverの新作はCESで参考出展!

DSD128ネイティブ再生対応のジュラルミン製ハイレゾプレーヤー「Astell&Kern AK240」

2014年01月07日 18時05分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
DSD(5.6MHz/1bit)のネイティブ再生に対応したiriverの新作「Astell&Kern AK240」!

 アユートは1月7日、iriver Astell&Kernシリーズの新モデル「Astell&Kern AK240」を発表した。

 米シーラス・ロジック製のDAC-IC「CS4398」をL/Rで独立搭載している点、DSD128(5.6MHz/1bit)のネイティブ再生をサポートしている点が特徴。

 筐体はジュラルミンの削り出しで、背面にはカーボンファイバー性のバックプレートを採用した。ディスプレーは480×800ドットの3.31型静電容量式タッチパネル(有機EL)で、内蔵メモリー容量は256GB。128GBまでのmicroHDXCカードに対応する。寸法/重量は約幅66×奥行き17.5×高さ107mm/約185g。

 光デジタル出力端子を搭載するほか、USB-DAC機能もそなえる。通信機能はBluetooth 4.0およびWi-Fi。ハイレゾ音源配信サイトからのダウンロードやストリーミング再生が単体で可能な点も特徴だとしている。

 再生可能なファイルフォーマットはWAV、FLAC、 WMA,、MP3、 OGG、 APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF。なおAstell&Kern AK240はCESのAstell&Kernブースで先行展示される。

 現時点ではまだ開発段階で、仕様詳細は変更の可能性もあるとのこと。価格や発売時期などは明らかにしていない。

【関連製品】■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン