このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

国内メーカーがゲーミングディスプレーに本格参入

業界初の240Hz駆動モデルがEIZOからデビュー!「FORIS FG2421」

2013年11月13日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この記事は2013年11月12日発売の週刊アスキーから転載し、お届けしています。

ゲーミングモデル最強の基本スペック

 FPS向けのゲーミングディスプレーといえば海外製モデルが定番。「国内メーカーを見渡しても、なかなか本格的なFPS向けモデルに出会えない」と嘆いていたユーザーに朗報だ。国産では初めてとなる本格ゲーミングディスプレー『FORIS FG2421』が、ついにEIZOブランドでデビュー。しかも、リフレッシュレートは驚きの240Hz駆動を実現している。パネルの駆動方式にも高速応答モデルにありがちなTN方式ではなく、VA方式を採用しているので、基本性能の高さは十分期待できそうだ。

FORIS FG2421

●EIZO ●直販価格6万4800円
http://jp.gaming.eizo.com/products/foris_fg2421/

充実のインターフェース

【種類が豊富な入力端子】DisplayPortなど3系統の入力端子と外部スピーカー用の出力を用意【USBハブ機能も用意】ゲーミングマウスやキーボードを、余裕の配線で接続できる

チルトや高さの調整も自在

【スムーズかつ安定感の高い機構が魅力】最適のアングルでプレーするには、チルトや高さの調整が必須。その点、FG2421は調整範囲が広く、思いどおりの位置でピタリと止まる

11月17日開催のアスキーフェスも注目

今年夏のイベントではEIZOの新機種が勢ぞろい。タッチアンドトライ向け製品も用意した

 冬のアスキーフェスにはEIZOもブースを出展。『FORIS FG2421』の強力なスペックを実際に見て確かめるチャンスだ。他にも「FlexScan」や「ColarEdge」などEIZOのモニターを触って確かめよう!

「冬のASCIIフェス 2013」詳細はこちら

主なスペック
パネルサイズ 23.5インチ
解像度 1920×1080ドット
輝度 400cd/m2 (Turbo 240オフ時)
コントラスト比 5000:1(コントラスト拡張有効時 15000:1)
表示色 約1677万色
応答速度 1ms未満(Turbo240オン時)
視野角 水平176度、垂直176度
インターフェース DVI-D×1、DisplayPort×1、HDMI×1
標準消費電力 20W(最大消費電力53W)
昇降 60mm
チルト角 上25度
スウィーベル 344度
サイズ/重量 563.5(W)×200(D)×391?451(H)mm/約6.2kg

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン