このページの本文へ

「Smart Insight 2」で明度・再度を自動補正。暗いシーンもつぶさず表現

EIZO、FS2333-A後継の23.8型狭ベゼルモニター「FORIS FS2434」

2014年06月12日 15時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
23.8型の液晶モニター「FORIS FS2434」。「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」の推奨周辺機器認定を受けている

 EIZOは6月12日、23.8型の液晶ディスプレー「FORIS FS2434」を発表した。「FORIS FS2333-A」の後継機種で、左右・上部のフレームが約6.0mmという狭額縁のデザインが特徴。

背面。上部のスリットに手をかけて持ち運べるようにしている

 昨年の10月に同社が発売した「FORIS FG2421」がFPSなどの“eSports向け”をうたっているのに対し、FS2434はオンラインゲームやアニメ・動画鑑賞、ウェブブラウジングといった“ホームエンターテインメント向け”の製品と位置づけられている。また、「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」の推奨周辺機器認定を受けている。

ベゼル幅約6.0mmの「ベゼルレスデザイン」

 解像度はフルHD(1920×1080ドット)で、パネル方式はIPS。表示遅延は0.05フレーム未満としている。FS2333-Aにも搭載していた視認性向上技術「Smart Insight」を「Smart Insight 2」とし、明暗の自動補正に加えて新たに彩度の補正も可能にした。Smart Insight 2をオンにすることで、暗いシーンの多いオンラインゲームなどでも、細部の描写を視認性よく再現できるという。

専用リモコンだけでなく、キーボードやマウスの操作でカラー調整が可能
カラーはガンマ値など詳細に設定できる。プロファイルのインポート/エクスポートにも対応2台並べても約12mmなので、マルチモニター環境にも適する
左半分が「Smart Insight 2」をオンにした際の色味。オフ時と比べると鮮やかで視認性がよくなっているのが分かる

 色調はゲーム向けの「Game(Dark scene)」「Game(Light scene)」、映画向けの「Cinema」、ウェブデザイン向けの「Web/sRGB」など7つのカラーモードから選択可能。モードは専用リモコンで切り替えられるほか、専用ソフト「G-Ignition」を利用すればキーボードのショートカットやマウスからも調整できる。カラープロファイリングのインポート/エクスポートにも対応し、マルチモニターとして利用する際に数台を同じ設定にしたり、EIZOのウェブサイトで提供される予定のカラープロファイルを適用したりといったことも、比較的手間をかけずにできる。

専用のリモコンが付属する側面にはUSB 3.0のハブ機能をもたせた

 入力系統はHDMI端子×2、DVI端子×1、音声出力端子として、3.5mmミニジャック×2を搭載する。また側面には、ハブとして利用できるUSB 3.0端子×2を設けた。

 価格はオープンプライスで、同社直販サイトでの価格は4万7800円。7月11日に発売する。

2014年6月18日:記事中写真のベゼル幅の数値に誤りがありましたので、訂正致しました。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン