このページの本文へ

「勝つまで、しぶとく戦っていく」―Windows 8.1プレスイベント

2013年10月19日 09時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ユーザーからのフィードバックを真摯に聞き、
進化を遂げたWindows 8.1

 一方、日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows本部 本部長の藤本恭史氏は、「Windows 8のリリース以降、ユーザーの声を真摯に聞き、そのフィードバックをもとに進化を遂げたのがWindows 8.1である」として、Windows 8.1で追加された機能について説明。

日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows本部 本部長 藤本恭史氏

 ロックスクリーンでは、ローカルとSkyDriveの写真をランダムに表示したり、小さなタイル表示を新たにサポートしていること、ウェブもライブタイル対応となったこと、パーソナル設定でモダンUI画面とデスクトップ画面とで同じ壁紙を表示できるようになったこと、ロック画面からもログインしなくてもカメラ機能を起動できることなどを紹介した。

パーソナル設定でモダンUI画面とデスクトップ画面とで同じ壁紙を表示できるようになった

 また、メールのURLをクリックした際に、IE 11が画面半分に自動表示される機能や、ネット接続していないオフライン状態でもSkyDriveの写真をみられる設定、写真のコントラストなども直感的に操作できるフォトアプリの進化などについても触れた。

メールのURLをクリックした際に、IE 11が画面半分に自動表示される

 さらに、Windows 8.1の提供とともに、Windows ストアの画面表示が変更されたことについて触れながら、「昨日から英語版Facebookアプリが提供されている」とした。

法人向け機能の強化、スタートボタンの復活

 法人向け機能として、セキュリティが強化されていることや、スタートスクリーンコントロール機能では管理者が起動画面を設定できること、アサインドアクセス機能により、特定アプリだけが動作する専用化で可能であることを示した。

 さらに、「デスクトップだけを利用しているユーザーの声も多く反映している。デスクトップのスタート画面は使用頻度が高いものだけを表示したほか、スタートボタンを復活させた。だが、スタートメニューは復活させていない。これは使い慣れてくると使わないメニューが増えるためであり、この判断もユーザーのフィードバックから決定したもの」という。

 また藤本氏は、「デスクトップだけを使うのであれば、Windows 7でもいいのではないかという指摘もあるが、Windows 8.1の方がセキュリティ強化などの点で圧倒的に優れている。ぜひ、Windows 8.1を使用してほしい」などと述べた。

 そのほか、日本市場を対象にした進化として、Microsoft IMEの進化や、Bingにおけるスマート検索の提供、游ゴシックと游明朝という新たなフォントの採用などについても触れた。

游ゴシックと游明朝という新たなフォントを採用

 なお、Windows 8.1は、日本を含む320以上の市場において、37言語で提供されるという。

Windows ストアギフトカード

 また、Windows ストアギフトカードを10月18日から発売すると発表した。Microsoft アカウントにチャージして、Windows ストアで有料アプリを購入する際に利用できるもので、2000円と5000円のカードを用意。「従来は、クレジットカードおよび、PayPalのアカウントによる支払いに限定していたが、ギフトカードを使用することで、子供が教育アプリを購入する際にも安心して利用できるにした」(日本マイクロソフト・藤本氏)という。

、Windows ストアギフトカードを10月18日から発売すると発表。2000円と5000円のカードを用意した

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン