このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

時を越え曹操を祝福! 三国志フェスに横浜が燃えた!

2013年10月03日 21時43分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

時の河は続いていく!
4回目となる三国志フェス開催!

 28日、横浜中華街にほど近い横浜産業貿易センターで「三国志フェス 2013」が開催された。イベントのテーマは「曹操魏公就任1800年記念」というなかなか壮大なものだ。

 このイベントは三国志好きが集まって、2010年から始まった。最初は小規模なホールだったが、徐々にイベント規模が拡大し、今回はこれまでで一番広い会場だという。そのせいか、お客さんもたくさん来場し、恐らく1000人以上はいたかと思われる。来場したファンの年齢層も幅広く、小さい子供もいればお年寄りもおり、男女の比率もほぼ半分くらいと、三国志の人気は世代も性別も越えていることがわかる。

イベントの公式パンフレットに当たるのがこの「猛得新書」
セガブースではトレーディングカードゲーム「三国志大戦TCG」の関連グッズが販売されており、さらにお手軽に三国志大戦が遊べるコーナーもあった

 イベント自体は三国志のコスプレイヤーが闊歩してブースでは曹操と劉備の薄い本を売っている……というワケではなく、ブースでは三国志や中国に関する自作のグッズを販売し、イベントステージでは三国志界の著名人によるトークショーが行なわれる、まさに三国志ファンのためのイベントだ(もちろんコスプレがいないわけではない)。

ファミリー劇場ブースでは、横山光輝三国志の原画やアニメのセル画も! また本編もCSファミリー劇場にて11月21日から放映開始とのことチャンネル銀河ブース。「中国大河ドラマ 三国志」とその制作ドキュメンタリー「三国志ナビ!」が紹介されていた
会場を三国志時代の中国全土とみなし、このようにブースの場所に応じた地名が付けられている
NHKの人形劇三国志で子ども達のハートをさらった川本喜八郎氏。川本プロダクションブースでは孔明の人形(レプリカ)が展示されていた。これは胸アツ!
三国志に関連したオリジナルTシャツを数多く販売している「三国志ショップ赤兎馬」歴史サークル「楽史舎」では律令や城郭に関する同人誌、そして曹操が愛してやまなかったという関羽のおみくじ「関帝霊籤」などあった。同人誌の中身はテキストベースの超濃い~もの
飲食ブースでも小ネタは外さない。決してただのご飯や飲み物ではないのだ!

前へ 1 2 3 次へ

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ