このページの本文へ

アニメ化企画も進行中

北上様も登場! 艦これVita版は2014年に発売!

2013年09月26日 19時34分更新

文● 太田/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PlayStation Vita向けソフトとして「艦これ改 (仮)」が正式発表!

 角川ゲームスは、「KADOKAWA GAME STUDIO MEDIA BRIEFING 2013 AUTUMN」を開催し、同社の開発スタジオ「KADOKAWA GAME STUDIO」の設立を発表した。同スタジオの第1弾として、PlayStation 4/PlayStation 3/PlayStation Vita向けソフト「NAtURAL DOCtRINE」、PlayStation Vita向けソフト「艦これ改 (仮)」の開発が進行中であることが明かされた。

艦これのコンシューマー版の名称は艦これ改 (仮)!
Vita向けソフトとして正式発表

 艦これ改 (仮)は、4月23日から提供中のブラウザーゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」の携帯ゲーム機版といえるゲーム。ソニー・コンピュータエンタテインメントより先日開催された「SCEJA Press Conference 2013」において、少しだけ姿を見せていたことが話題になっていたが、今回正式にお披露目という形になった。

発売時期は2014年。パッケージなのかダウンロードなのかも不明だが、楽しみにまっていたい

 我々にとっては、今回の家庭用ゲーム機化は唐突に感じたが、実のところ、当初から最初から家庭用ゲーム化しようと考えていたという。プロデューサーである田中謙介氏は、「ブラウザーゲームとして立ち上げるが、コンシューマーゲームとして横に展開。さらに、可能であれば違う軸にIPとして大きく展開していきたい」というロードマップがあったという。

同社開発本部 副本部長でありKADOKAWA GAME STUDIOプロデューサーの田中謙介氏

 気になるゲーム内容については、同社のプロデューサーである田中謙介氏が「最上が最上改になるくらい」と、艦これに例えて紹介。本格的なシミュレーションでもシューティングでもなく、現在提供中のブラウザー版に近い形で提供する予定とのこと。発売日は2014年。すでに公式サイトがオープンしているので、チェックしておくといいだろう。

展開が早い!
艦これがアニメになるのは来年!?

 また、早くもアニメ化も進行中であることが発表された。アニメ化については、まだ話がでてきたばかりのようで、現状決まっていることはブラウザー版で提供している艦これで起用している声優はそのまま継承するそうだ。

Vita版に合わせてアニメ化も発表!声優はゲーム版をそのまま継承するとのこと

 アニメ化発表については、角川書店 常務取締役の安田 猛氏から明かされた。いつごろがいいのと安田氏に田中氏が聞かれたところ、「夏とか秋とか冬とか……」「1年切ってるじゃん」。アニメ制作現場は修羅場を迎えそうなコメントが飛び交っていた。

角川書店 常務取締役の安田 猛氏

 ただ、元々がブラウザーゲームのため、シリーズ構成がまったくできていないとのこと。艦娘たちが特に水上をどういう動きにするのかについてなどアニメ事業部と現在揉んでいるそうだ。今後の情報を待ちたいところだ。

発表会には艦これで声を当てている声優の大坪由佳さんが登場した

PS4とローンチ発売予定の「NAtURAL DOCtRINE」
新PVがお披露目

 合わせて、2014年2月22日に発売される「PlayStation 4」のローンチタイトルとして予定されている「NAtURAL DOCtRINE」(ナチュラル ドクトリン)の新PVが公開された。

PS4/PS3/PS Vitaと、PSファミリーから提供される「NAtURAL DOCtRINE」

 NAtURAL DOCtRINEは、PS4/PS3/PS Vitaと3プラットフォームで同時提供されるシミュレーションRPG。シングルモードのほかに、対戦や協力プレイが楽しめるマルチモードを用意している。同社代表取締役社長の安田善巳氏は、「ここに至るまで2年。色々な方々の力をお借りして現在に至っている。このタイトルのためにKADOKAWA GAME STUDIOを立ち上げたといっても過言ではない」と説明した。

同社代表取締役社長の安田善巳氏

 田中氏は、「新たなシミュレーションRPGに挑戦できないか。私自身、国内のシミュレーションゲームを心から愛していて、感銘を受けている。シミュレーションRPGの次の何かをアプローチできないかと思い作り始めたのがNAtURAL DOCtRINEです」とコメントした。

エンディングテーマにはキング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」が採用された

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ