このページの本文へ

ゲーム特化型では最速!? 携帯ゲーム機っぽい中華タブ

2013年07月27日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 携帯ゲーム機ライクな物理キーパッドを備えた、ゲーム特化型タブレットのハイスペック版「YDP-G28S」が東映無線ラジオデパート店に入荷している。メーカーは中国のYINLIPSで、カラバリはブラックとホワイトの2色だ。

ゲーム特化型タブレットとしては最高レベルのパフォーマンスが自慢。中国YINLIPS製の7型モデル最新作「YDP-G28S」が店頭販売中だ
カラバリはブラックとホワイトの2色。表面にはラバー加工が施され、質感は良好。2つのアナログスティックを装備するなど、ボタン構成も充実している

 これまでもPSPやPS Vitaそっくりなゲーム特化型タブレットをリリースしてきた同社の最新注目モデル。高速タイプのクアッドコアCPUとクアッドコアGPUを組み合わせたハイスペックが魅力で、7型の大画面で携帯ゲーム機顔負けの本格ゲームプレイができる。

 CPUはRockchip「RK3188 1.6GHz」で、GPUはMali400 MP4を搭載。同じクアッドコア動作の「Tegra 3」を搭載した端末よりも優秀で、格闘ゲームなどフレーム単位の遅延が気になるゲームでも違和感なく楽しめそうだ。

 そのほか、タッチパネル操作を物理ボタンに割り当てることのできるボタンマッピングツールも標準装備。Android向けタイトルに多いタッチパネル専用ゲームも物理ボタンで快適に操作できる。

単にタブレットとして見てもスペックは高く、ゲームパフォーマンスにも期待がもてる。ボタンマッピングツールも標準装備、タッチパネル専用ゲームでも物理ボタンでプレイ可能だ
大小2つのサイドボタンも実装。microSDカードスロットやminiHDMIなどのインターフェースも備える

 OSはAndroid 4.2を搭載。7型ディスプレーの解像度は1024×600ドット。フロント30万画素、リア500万画素のカメラを搭載し、IEEE 802.11 b/g/n対応の無線LANに対応する。インターフェースはmicroSDカードスロット(最大32GB)、microUSB、miniHDMI、イヤホンジャックなど。

 東映無線ラジオデパート店にて1万4580円で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン