このページの本文へ

ゲームパッドとドッキングするゲーミングタブレット

2013年07月04日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 合体式の専用ゲームパッドが付属する、7型のAndroidタブレット「Wikipad 7」がJan-gle秋葉原本店と同3号店で販売中だ。ゲームパッドと一体化した姿は某GamePadに見えなくもない。

どこかで見たようなゲーミング向けタブレット「Wikipad 7」。多数の対応タイトルを本格派な搭載ボタンを駆使して遊び倒せる
タブレットをスリットに沿って挿入、microUSB端子でドッキングする。もちろん通常の7型タブレットとして使用することも可能だ

 一体化できる専用ゲームパッドが付属した、ユニークなゲーミング向けの7型タブレットが登場した。ゲームパッドはスリットに沿ってmicroUSB端子で合体する仕様で、大柄かつエルゴノミックなフレームはグリップ感良好。物理ゲームボタンやアナログパッド、側面にはLRボタンやトリガーボタンも装備するなど、搭載するボタン群も本格派だ。

 また、公式サイトによれば「Grand Theft Auto III」や「AVP: Evolution」、「Sonic 4 Episode II THD」など多数のゲームタイトルの対応が謳われている。各ゲームタイトルはGoogle Playストアのほか、NVIDIAの「NVIDIA Tegra Zone」、さらにソニーの「PlayStation Certified」を取得しているため「PlayStation Mobile」からも入手可能。エミュレーターなどに頼る必要がないため、初心者でも多数のタイトルを自由に遊び倒せるだろう。

搭載する物理ボタンはコンシューマ機顔負けの本格派。方向キーやゲームボタンのほか、アナログパッドやトリガーボタンなども備える
大柄なエルゴノミクスデザインのゲームパッドはグリップ感良好。背面にはmicroUSB端子も搭載、充電しながら使用することもできる。なお、ゲームパッドは本体から給電を受ける仕様だ

 搭載OSはAndroid 4.1。CPUはNVIDIAの「Tegra 3」で、メモリー1GB、ストレージ16GBを実装する。ディスプレーは解像度1280×800ドットのIPS液晶。200万画素のフロントカメラ、GPS、加速度センサーを搭載、通信機能はBluetooth 4.0とIEEE 802.11a/b/g/n対応の無線LANをサポートする。インターフェイスはmicroSDスロット、microHDMI、イヤホンジャックなど。

 Jan-gle秋葉原本店と同3号店にて、3万9900円で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン