このページの本文へ

トレッカーパートナープログラム開始

Googleストリートビューの撮影者募集、瀬戸内海の島々も公開

2013年07月19日 18時52分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この風景を残したのはGoogleのチームではないそうだ

 Googleストリートビューといえば、車だったり人の背中だったりに専用の撮影機材を背負って、Googleのスタッフが撮影している。そう思っている人が多いだろう。しかし、7月19日に公開した瀬戸内海にある粟島、犬島、伊吹島、男木島、高見島、豊島、小豆島の7島のストリートビューを撮影したのは、Googleのスタッフではない。島民や瀬戸内国際芸術祭に参加しているアーティスト、琴平電気鉄道の社員が撮影したものだという。

 瀬戸内海のストリートビュー公開に合わせGoogleは、NPOや観光協会がストリートビューの撮影をする「トレッカーパートナープログラム」を開始すると、Google Japan Blog内で明らかにした。

 トレッカーパートナープログラムの目的は、日本国内の魅力的な場所をストリートビューで紹介していくこと。そのために、ストレートビュー用の撮影機材「トレッカー」を、撮影地にゆかりのある団体に貸し出すとしている。対象となる団体は、観光協会や NGO/NPO 、大学または研究機関などで、応募ページで必要事項を記入する必要がある。

 ということで、公開された魅力的な島々をご覧いただきたい。

 のどかな自然が広がる豊島。


大きな地図で見る

 風情ある木造住宅が並ぶ犬島。


大きな地図で見る

 高松市の志度線は琴平電気鉄道社員が、電車の運行に気をつけながら、実際に線路を歩いて撮影したそうだ。


大きな地図で見る

 そして撮影の様子、撮影者のインタビューを交えた映像も公開している。



 国土交通省によれば日本には大小さまざまな島が6852もあるという(平成22年4月現在)。それだけの島、ひいては日本国内全体を巡る、というのは不可能に近いだろう。だが、トレッカーパートナープログラムが広がれば、少なくともウェブ上で日本各地を見ることはできるかもしれない。

 今後の展開に期待したい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン