このページの本文へ

検索機能も強化、路線検索にも対応

Android向けGoogle マップが新UI採用の大幅刷新

2013年07月11日 14時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
新機能「周辺のスポット」検索。写真が効果的に用いられた綺麗なUIだ。

 Googleが、Android向けGoogle マップの最新バージョン(7.0.0)を公開した。iOS向けGoogle マップを元に設計した新たなUIを採用している。

 UIの刷新だけでなく、ルート・スポット検索機能の強化も図られた。目的地までの乗換案内や、鉄道、バスを利用した際の所要時間の表示にも対応している。交通状況や事故状況も閲覧できる。

 「周辺のスポット」検索機能も搭載された。「食べる」「飲む」「買う」「遊ぶ」「泊まる」という5つのカテゴリーに沿った周辺施設の検索が可能となった。カテゴリーは2階層で、例えば「飲む」は「カフェ」「居酒屋」「バー」、「買う」は書店、モール、デパート、家電などより詳細な目的に沿った検索もできる。

マップというより、総合ナビゲーションアプリになった印象。写真を用いた分かりやすいUI。スポット検索は、5つ星による評価にも対応。

 対応環境はAndroid 4.0.3以上となっている。また、新機能を搭載したiOS向けGoogle マップも、近日中にApp Storeにて提供開始予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン