このページの本文へ

より個人の好みに合わせられる。PC設定も大幅強化!

【試してみた】Windows 8.1は「設定」が充実、カラー324×216色!

2013年06月27日 18時01分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 8.1ならこんなインパクト大の背景も!

 Windows 8.1のスタートメニューを試してみて、Windows 7以前のスタートメニューとは全く違ったものであることを確認した。では、マイクロソフトでも大きな変更点の一つに挙げていた「設定メニュー」の強化はどうか。

「パーソナル設定」が1階層目に出現。
アクセントの色はWindowsロゴにも反映される。このように幻想的な背景にも。組み合わせはまさに自由自在だ。
Windows 8のモダンUIメニュー。

 Windows 8.1ではモダンUIのメニュー項目に「パーソナル設定」が追加された。Windows 8でも25パターンという豊富な組み合わせから好みのものを選択できたが、Windows 8.1では「背景色」と「アクセントの色」を個別に設定可能に。背景色は324色、アクセントの色は216色から選択可能で、さながらカラーチャートのようだ。黒からかなり微妙な色合いの中間色までが用意され、「好みの色がない」ということはなさそう。

Windows 8.1・モダンUIの「PC設定」が大幅に進化した。
こちらはWindows 8の「PC設定」。

 モダンUIから呼び出せる「PC設定」はかなり実用性の高いものに変わった。WIndows 8では「使用頻度の高い設定項目をある程度網羅」という印象だったが、Windows 8.1では設定が2階層になり、電源管理など従来コントールパネルからしていた設定も簡単にできるようになった。およそ思い浮かぶ設定のほとんどが変更可能で、コントロールパネルを呼び出す頻度が低くなりそうだ。

 「Windows 8端末を買っても結局ずっとデスクトップモードで使っている」という声はよく聞くが、Windows 8.1のモダンUIは積極的に使ってみても良いと思う出来だ。考えてみればWindows 8はモダンUIを採用した初のOS。モダンUI2代目の8.1で磨きがかかり、ユーザー目線に立った使いやすいOSに進化したと言えるだろう。設定メニューの強化は、製品版の仕上がりに期待が持てる変更点だ。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン