このページの本文へ

Blu-rayドライブモデルやSSD&HDD搭載モデルも!

マウス、GT750M+GDDR5で性能1.3倍のゲームPC「NEXTGEAR-NOTE i520」

2013年06月27日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NEXTGEAR-NOTE i520 シリーズ

 マウスコンピューターは6月27日、15.6型ノートパソコン「NEXTGEAR-NOTE i520 シリーズ」を発表した。同社のゲーミングブランド「G-Tune」からのリリースとなる。

 GPUにはGeForce GT750Mを搭載し、ビデオメモリーにはGDDR5規格のものを採用。コスト増を最小限に抑えながらDDR3に比べてパフォーマンスを向上できたという。同社の説明によれば、ベンチマークソフト「3Dmark Vantage」でベンチテストを実施したところ、同一構成でDDR3ビデオメモリーを搭載した場合に比べてスコアが約1.3倍になったという。

3Dmark Vantageのベンチテスト結果

 CPUにCore i7-4700MQを搭載した「NEXTGEAR-NOTE i520BA1」および「NEXTGEAR-NOTE i520SA1」、Core i7-4800MQを搭載した「NEXTGEAR-NOTE i520GA1」、Core i7-4900MQを搭載した「NEXTGEAR-NOTE i520PA1」の4モデルをラインアップ。

 価格はNEXTGEAR-NOTE i520BA1が9万9750円、NEXTGEAR-NOTE i520SA1が11万9700円、NEXTGEAR-NOTE i520GA1が13万9860円、NEXTGEAR-NOTE i520PA1が16万9890円となっている。

 27日の15時よりG-Tuneのウェブサイトにて、10時より電話通販窓口およびダイレクトショップにて受注を開始する。

 各モデルの詳細なスペックは以下の通り。

主なスペック
型番 NEXTGEAR-NOTE i520BA1 NEXTGEAR-NOTE i520SA1
CPU Core i7-4700MQ(3.40GHz)
GPU GeForce GT 750M(ビデオメモリー2GB GDDR5)
メモリー 8GB DDR3L PC3-12800
ストレージ 500GB HDD 1TB HDD、128GB SSD
インターフェース USB 2.0端子×2、USB 3.0端子×2、
D-sub端子×1、HDMI端子×1、
マイク端子×1、ヘッドフォン端子×1
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、
Bluetooth 4.0 + LE
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
寸法 約幅376.0×252.0×34.9mm
OS Windows 8 64bit
主なスペック
型番 NEXTGEAR-NOTE i520GA1 NEXTGEAR-NOTE i520PA1
CPU Core i7-4800MQ(3.70GHz) Core i7-4900MQ(3.80GHz)
GPU GeForce GT 750M(ビデオメモリー2GB GDDR5)
メモリー 16GB DDR3L PC3-12800
ストレージ 1TB HDD、128GB SSD
インターフェース USB 2.0端子×2、USB 3.0端子×2、
D-sub端子×1、HDMI端子×1、
マイク端子×1、ヘッドフォン端子×1
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、
Bluetooth 4.0 + LE
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ Blu-rayディスクドライブ
寸法 約幅376.0×252.0×34.9mm
OS Windows 8 64bit

カテゴリートップへ