このページの本文へ

「McAfee Network Security Platform NSシリーズ」最大スループット40Gbps

マカフィー、インテル技術採用のIPS最上位モデル発表

2013年06月05日 19時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
標的型攻撃に対抗できる包括的な入口対策と出口対策(同社資料より抜粋)

 マカフィーは、インテルの技術を採用したネットワーク不正侵入防止システム(IPS)アプライアンス、「McAfee Network Security Platform(マカフィー ネットワーク セキュリティ プラットフォーム)NSシリーズ」を発表した。

 本製品は、単体のIPSアプライアンスとしては業界最高となる最大スループット40Gbpsを実現し、複数の次世代IPSサービスを実行できるスケーラビリティと容量の増強を実施したという。

 NSシリーズのハードウェアプラットフォームは、マカフィーとインテルが共同で開発したもので、高ポート密度により配備の柔軟性が高いとしている。導入時の作業が簡単になり、サイズも従来製品より小型化した。

 McAfee Network Security Platform NS9300 Applianceは、7月16日より日本で提供が開始される。価格は4185万円。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる