このページの本文へ

米フェイスブックが米ベンチャー買収、モバイルを強化か

2013年05月01日 07時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米フェイスブックは、ベンチャー企業のParseを買収したとブログで発表。Parseもブログで同様の発表を行っている。米フェイスブックはさらにブログで、今回の買収によって、Facebookプラットフォームでのモバイル向けアプリの構築がよりいっそう容易になったと述べている。

 Parseは、2年未満の間にモバイルアプリ開発を支援するサービスを提供してきたが、今回、米フェイスブックは同社を買収することでモバイルアプリ開発を強化。Facebookプラットフォームの一部をParseで作成することで、開発者がモバイルプラットフォームとモバイル端末の間でアプリ構築を迅速に行えるようにする。開発者は、サーバーや複雑なインフラを管理する負担が軽くなり、ユーザーエクスペリエンスの増大に向けて注力できる。

facebook_parse01
Parse買収を伝えるFacebookページ

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ