このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

透明の天板で原稿の内容を確認しながらスキャン・コピー

驚くべき複合機、ENVY 120は最早ガラス製インテリアだ

2013年04月30日 09時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HP ENVY 120」

「複合機」がガジェットマニアの話題になることはあっただろうか?

 会話の中で、ふと「ノートパソコンが欲しい」「タブレットが欲しい」という言葉が出れば、「へえ、どんなの?」あるいは「どれが欲しいの?」と返すパターンが多いと思う。店頭に足を運べば、豊富な製品がところ狭しと売り場に並ぶ。各社が機能やデザインを競っており、選ぶ楽しみとそこから生じる悩みもあるからだ。

 しかし「複合機が欲しい」と言われて、同じような反応をする人は極めて少ない。

 質問が出る背景には「様々なモデルの中で、この人は何を気に入り、どんな価値基準で製品を選択するのか?」という関心があるからだ。パソコンやタブレットには多分に嗜好品的な側面がある。

 しかし複合機は実用性が優先される傾向が強い。つまりデザインや質感といったものよりも、機能や価格の安さが求められる。実際市場に並んでいる製品を眺めても、箱型で大差ない外観のものが中心だ。

 つまり複合機は、どちらかといえば「必要に迫られて買うもの」という部分が大きいように思えるのだ。いや、これまでの複合機では「大きかった」ように感じるのだ。

 日本ヒューレット・パッカードの「ENVY 120」が登場するまでは。

前へ 1 2 3 4 次へ