このページの本文へ

2013年春のオフィス向けIT機器選び第2回

多機能でもお得なインクジェット複合機を選ぶ

高速で多機能!3万円以下のインクジェット複合機4選

2013年03月22日 12時00分更新

文● 八木澤健人/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PCはもちろん、プリンタ/複合機、周辺機器、ネットワーク機器やNAS、モバイル通信などスモールビジネスに最適なオフィス機器やサービスを提案する特集。第2弾は3万円以下で導入できるインクジェット複合機を紹介する。

 プリントに、コピーに、FAXに、スモールオフィスにおいて複合機はなくてはならない存在だ。だが、カラーレーザー複合機はまだまだ高いし、場所を取る。それほど大量の印刷をしない中小企業やSOHO用途では、大型の複合機は導入しにくい。

 だが、最近はオフィス向けの「インクジェット複合機」が充実してきた。かつてはインクジェットといえば「遅い」「ランニングコストがかさむ」「印刷がにじむ」など、ビジネスではあまり使えないという評価も多かった。しかし、最近の機種はレーザープリンターと比べても遜色ない印刷スピードや、低ランニングコスト、濡れてもにじみにくい顔料インクを使用した製品など、今までの欠点を克服した製品が数多く登場している。その一方で、高精細な画像印刷や省エネ、コンパクトさなど、インクジェットならではの利点も多い。

 そこで今回は、「3万円以下」「FAX対応」「ビジネス向けインクジェット複合機」という条件で、編集部が各社で最適なモデルを選定した。なお、印刷速度やランニングコストなどは各社で条件が異なるため、測定条件をチェックしてもらいたい。

6万ページの高耐久性が売り!
高速プリントも実現した複合機

エプソン「PX-605FC3」
オープン価格(参考価格 2万4980円)


 モノクロ毎分15枚の印刷スピードと、6万ページの高耐久を謳うエプソンの「PX-605FC3」。全色顔料インクとなっており、普通紙でもにじみにくい。従来機種に比べ、操作パネル、排紙トレイ、ペーパーカセットなどの堅牢性、剛性を向上させた。

 外形寸法(収納時)は、幅449×奥行417×高さ243 mmで、質量(消耗品を含む)は約9.1kg。

 有線/無線LANに対応するほか、メールを送るだけで印刷できる「メールプリント」や、スマートフォンやタブレット向けアプリ「Epson iPrint」経由での印刷など、ネットワーク機能も充実。PC-FAXにも対応している。

■製品情報

にじみにくい特大黒インクにも対応
ビジネスのツボを抑えた機能を満載した

キヤノン「PIXUS MX923」
オープン価格(参考価格 2万9980円)


 有線および無線LAN、FAXに対応するキヤノンの「PIXUS MX923」。最大35枚の自動両面読み取り対応ADFや250枚までセットできる前面2段給紙、FAXデータの外部メモリーへの自動保存&印刷など、ビジネス向けのツボを抑えた機能が満載だ。

 外形寸法(トレイ類を含まず)は、約幅491×奥行396×高さ231 mmで、質量(プリントヘッド、インクタンクを含む)は11.7kg。

 オプションで特大容量のにじみにくい顔料黒インクを使用でき、モノクロ印刷時の低ランニングコストもポイント。スキャンしたデータを直接Evernoteにアップロードできるなど、クラウド機能も充実している。

■製品情報

ネットワーク機能充実!
モバイルデバイスとの親和性が高い1台

日本ヒューレット・パッカード「Officejet Pro 8600」
オープン価格(参考価格 2万4990円)


 日本ヒューレット・パッカードの「Officejet Pro 8600」は、モバイルデバイスとの連携機能が満載だ。iPad/iPhoneの「AirPrint」に対応するほか、ノートPCやスマートフォンからメールを送るだけで印刷できる「HP ePrint」、スマートフォンやタブレットから、複合機をリモコン感覚で操作できる「HP Printer Control」など、便利な機能が充実している。

 外形寸法(収納時)は、幅494×奥行460×高さ300 mmで、質量(インクカートリッジを含む)は約12kg。

 もちろん基本機能も抜かりはなく、モノクロ時毎分18枚の印刷スピード、全色顔料インク、有線/無線LAN、FAX機能など、ビジネスに必要な機能はすべて抑えてある。

■製品情報

FAX機能が充実
多機能さで選ぶならコレ!

ブラザー工業「MFC-J840N」
オープン価格(参考価格 2万7980円)


 ブラザーの「MFC-J840N」は、有線/無線LAN、FAXに対応した機種。原稿を最大15枚まで連続読み取り可能なADFを備える。FAX機能が充実しており、PCからファックスを送受信したり、印刷する前にFAXの内容を液晶パネルで確認できる。メールが主流の今であっても、スモールビジネスではFAXもいまだに多用されているので、重宝するユーザーも多いだろう。

 外形寸法(突起部を除く)は、幅405×奥行378×高さ180mmで、質量(インクカートリッジを含む)は約9.3kg。

 また、FacebookやEvernoteに直接アップロードする機能など、クラウド連携機能も満載。iPhoneやiPadのAirPrintや「Google クラウド プリント」にも対応している。

■製品情報

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ