このページの本文へ

コスパ最強クラスの1万円切り7型中華タブレット

2013年03月29日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バランスのとれた搭載スペックながら、1万円切りのロープライスで購入できる7型タブレット「A78 DualCore」が東映無線ラジオデパート店に入荷している。中国AMPE製の端末で、価格は9880円だ。

1万円を切る良質タブレットに久しぶりの新型機登場。中国AMPEの「A78 DualCore」が販売中だ

 手頃な7型タブレットを探している人にピッタリな端末が店頭に登場だ。1万円切りと安価ながら、デュアルコアCPU&クアッドコアGPU構成のチップセットやIPS液晶ディスプレーなど、バランスのとれたスペックが魅力。両面カメラやHDMI出力も備え、使い勝手はなかなか良好だ。

 搭載OSはAndroid 4.1。主なスペックは、CPUがデュアルコアのRockchip「RK3066 1.6GHz」(Cortex-A9ベース)、GPUがクアッドコア「Mali400 MP4」、メモリーがDDR3 1GBで、ストレージ容量は8GB、外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCに対応する。液晶ディスプレーは解像度1024×600ドットの7型IPS液晶だ。カメラはフロント30万画素、リアに200万画素を備える。

真っ白で清潔感ある背面フレームには200万画素のリアカメラも搭載されている。UIには独自のランチャーを採用しワンタッチでテーマを変更することも可能だ
microSDスロットやmicroUSBのほか、削られがちなminiHDMI出力も搭載するインターフェース。OTGケーブルやmicroUSBケーブル、充電用のDCケーブルなど付属品も抜かりなし

 本体サイズは幅197.6×奥行き122.3×高さ9.7mmで、重量は約340g。バッテリー容量は3500mAhで、インターフェースはmicroSDスロット、miniHDMI、microUSBなど。通信機能はIEEE 802.11b/g/nの無線LANをサポートする。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン