このページの本文へ

「Nexus 7」とほぼ同スペックだが安価! ViewSonicの7型タブ

2012年12月08日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Nexus 7」と同等のスペックをもつViewSonic製の7型Androidタブレット「ViewPad N710」が東映無線ラジオデパート店で販売中だ。価格はNexus 7の16GBモデルよりやや安価な1万8980円。

CRTディスプレー時代はよく目にしたViewSonicのブランドロゴをいただくタブレット製品「ViewPad N710」が販売中だ。サイズや重量、スペックにGoogleの「Nexus 7」との共通点が多い

CPUは同じくNVIDIA製のクアッドコアCPU「Tegra 3」を採用。1280×800ドットの高解像度なIPS液晶を搭載する点も同じで、かなりNexus 7を意識して作られているという印象だ

 液晶ディスプレーの製造で知られる米ViewSonicは、主に北米や中国向けにタブレット製品の出荷を行なっているが、今回登場のモデルは中国向けに発売された製品。1280×800ドットのIPS液晶パネルやNVIDIA製のクアッドコアCPU「Tegra 3」(1.3GHz)を採用するなど、GoogleのNexus 7とほとんど同じスペックを持つ。

 ストレージ容量こそ8GBと控えめなものの、最大32GBのmicroSDHCカードが使用できるのが大きな特徴。さすが一流メーカーの製品だけにフレームの成型などもしっかりしたもので、“外部ストレージに対応したNexus 7”といっても過言ではない仕上がりになっている。Nexus 7と比較すると、16GBモデル並の価格で最大容量32GBモデルを超えるストレージ構成で使うことができるため、対抗モデルとしてはかなり面白い選択肢といえそうだ。

背面プレートは金属製素材とプラスチックを組み合わせる仕様。側面のインターフェースはシンプル構成ながら、Nexus 7にはないmicroSDカードスロットを搭載。外部ストレージに対応する点が最大の違いだ

 なお、メモリーは1GBを搭載するほか、Bluetooth機能は4.0、カメラは200万画素(Nexus 7はBluetooth 3.0/120万画素カメラ)と、Nexus 7よりレベルが高い。本体サイズと重量はほぼ誤差の範囲となる幅194×奥行き122×高さ10mm、338g。内蔵バッテリーは4000mAhでIEEE 802.11b/g/nの無線LANにも対応している。搭載OSはAndroid 4.2へのアップデートが始まっている“本家”に遅れをとるAndroid 4.0のため、こちらは早く追いついてくれることに期待したい。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン