このページの本文へ

クラウド構築、Windowsストアアプリの開発支援まで

富士通、最新Windows環境のシステム構築を支援

2013年02月04日 11時30分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月4日、富士通はマイクロソフトの最新OS「Windows Server 2012」や「Windows 8」で強化された仮想化機能やセキュリティ、新ユーザーインターフェイスを活用したシステム構築の支援サービスを提供する。サービスは以下の4種類が提供される。

Windowsデスクトップ環境最適化支援サービス
 Windows 8デスクトップ環境の導入計画の立案、設計、構築、運用までをトータルに支援する。現在使用しているアプリケーションやMicrosoft Officeで作成した資産を継続利用できるよう、OS・アプリケーション・データの単純移行から最新の仮想化技術の利用まで検討。Windows Server 2012を組み合わせることで、端末のシンクライアント運用も実現する。
Windowsプライベートクラウド構築支援サービス
富士通の独自のプライベートクラウド統合製品である「Cloud Ready Blocks」をはじめとしたクラウド構築ノウハウにより、ICTリソース統合を支援する。これにより、ICTリソースの仮想・統合とあわせ、運用管理負荷を削減するシステム管理の自動化・省力化を実現する。
Windowsハイブリッドクラウド構築支援サービス
AD FS(Active Directory Federation Services)によるWindowsシステムの統合認証など、ユーザーに最適なハイブリッドクラウド環境の構築を支援。高性能、高信頼、高セキュアーなシステム間連携による統合認証とデータ統合の仕組みを実現する
Windowsストアアプリ開発支援サービス
ユーザーの業務アプリ要件を具現化するために、最新テクノロジーを活用してより利用価値の高い「Windowsストアアプリ」の開発を支援する。Windows 8の新しいインターフェイスのパフォーマンスを最大限引き出すためにデザインされた「Windowsストアアプリ」を導入することで、タブレットデバイスを法人システム環境に円滑に導入する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ