このページの本文へ

アイキューブドシステムズがオプションで提供

デバイス遠隔管理「CLOMO MDM」にウイルス対策

2013年01月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月15日、アイキューブドシステムズはスマートデバイスのリモート管理を行なうサービス「CLOMO MDM」にウイルス対策機能「CLOMO MDM アンチウィルスオプション」を発表した。

 CLOMO MDM アンチウィルスオプションは、マカフィーのウイルス対策エンジンを採用。これにより、Androidデバイスを利用する際にデバイスからウィルス管理まで一元管理が可能となり、ウイルス対策ポリシーの一括設定/配布や、ウィルス検出時の管理者への注意喚起など、Androidデバイスを効率的でよりセキュアな環境を提供するという。

 提供開始は1月15日で、CLOMO MDMサービスのユーザーにオプションとして提供する。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ