このページの本文へ

データ保護と利用を両立する「Enterprise AppBus」を搭載

アプリ連携機能を搭載したCLOMO SECURED APPs

2013年04月15日 08時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月11日、アイキューブドシステムズは、スマートデバイス向けのセキュアアプリケーション「CLOMO SECURED APPs」をバージョンアップ。セキュリティ強度をそのままにアプリ間のデータ連携を実現する「Enterprise AppBus」機能を搭載した。

 CLOMO SECURED APPsは、スマートデバイス導入企業で多く利用されているメール、Webブラウザ、カレンダー、ファイル共有、アドレス帳などを、安全に利用できるアプリシリーズ。管理者はアプリに対して、利用端末情報の把握やアプリ内データ消去、各アプリの設定配布などの操作をリモートで実行することが可能になる。

 新バージョンではモバイルアプリのデータ保護機構を維持しながら、データ利用を安全に確保するための「Enterprise AppBus」機能を新たに搭載。シリーズアプリ内でのデータ連携のほか、今後はユーザーが開発した業務アプリとも連携することを視野に入れた拡張機能の仕様開示とSDKの提供を予定しているという。

セキュリティ強度をそのままにアプリ間のデータ連携を実現するEnterprise AppBus

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ