このページの本文へ

国内提供は2013年第2四半期(4月~6月)から

F5、AWS用仮想アプライアンス「BIG-IP for AWS」発表

2012年12月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月19日、F5ネットワークスはアマゾンウェブサービス対応のBIG-IPソリューション「BIG-IP for AWS」を発表した。

 これは企業の大規模システムにおいて信頼性、拡張性、セキュリティ、パフォーマンスを維持しながら、AWSのクラウド環境にデータセンターやアプリケーションを拡張したいという要望に応えた製品。今回の発表によりF5は、BIG-IPファミリすべてのラインナップにAWS対応版を提供することになる。

 BIG-IP for AWSは、トラフィック管理、広域サーバー負荷分散、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)、Webアプリケーションの高速化などのアプリケーション配信機能を仮想アプライアンス(Virtual Edition)として提供。BIG-IP ハードウェアアプライアンスと同様の機能を備えているため、AWS環境で稼働するアプリケーションを、従来と同様の高いレベルで管理、制御できるという。

 国内での提供開始は、2013年第2四半期(4月~6月)から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ