このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

事例が語るFileMaker の魅力

FileMaker Go 12導入でビジネスに大きな変化をもたらす

2012年12月08日 09時00分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

学校でも使われるFileMaker Goの汎用性

── 学校や官公庁といった、公共機関でFileMakerを導入している事例があれば聞かせてください。

エプリング 「アメリカの名門音楽大学、バークリー音楽大学で導入されています。特に入試の申し込み時に使われているそうです。年間7,200の受験生にオーディションと面接をし、FileMaker Goを使って受験生の出願書とともに情報を一貫して管理しています。

 また、デバイス機能をフル活用できるので、写真や動画、オーディオといった情報をキャプチャしながら、受験生をより優れた形での評価ができます」

受験生を正当に評価するためにFileMaker Goを導入しているバークリー音楽大学

── 演奏された音楽データがデータベース化されたりもしてるんでしょうか?

エプリング 「具体的なことはわかりませんが、FileMakerをお使いになるユーザー様はだいたいクレイジーなファンになっていただけます(笑)」

Windows 8にも対応したFileMaker 12
Windows Store、Androidへの展開は今後に期待

── 今後はWindows 8も普及していくと思いますが、そのあたりの対応はどう考えていますか?

ジェイコブソン 「FileMakerユーザーの半数以上はWindowsユーザーですから、我々にとってWindowsは非常に重要です。

 対応については、すでにWindows 8 Professionalで、FileMaker 12 v3が認定を受けていますので、Windows 8のタッチデバイスであれば使うことができます」

── シームレスに移行ができていると。ではWindows Storeでの展開はいかがでしょうか?

ジェイコブソン 「現時点ではWindows Storeでのサポートはしておりません。デスクトップアプリケーションという形でサポートさせていただいてます」

── 今後に期待ですね。

ジェイコブソン 「継続的に見守っている分野と言えますね(笑)」

── Androidはいかがですか?

エプリング 「今の時点ではAndroid向けの開発を考えていません。

 ただ、Androidデバイス向けのWebの展開はサポートはし続けていますので、Androidユーザーの方々でFileMakerを使いたいという方は、ブラウザーを使っていただけるようになっています」

── 最後にメッセージをお願いします

エプリング 「FileMakerは安定して利益を出している会社であり、ソリューションを構築する点において、長期的にプラットフォームとして使っていただける製品を出しています。業界においてWindowsではナンバー2、Macではナンバー1のシェアを誇っていることがそれを証明しています。また、Webソリューションを構築するうえでもお手伝いができます。データ駆動型のビジネスニーズがあるなら、我々の製品を選ぶべきだと強く思います。

 また、みなさんがプログラマーになる必要がないところがFileMakerのDNAでありエッセンスです。プログラマーはこのBoxの中に入っています。今回のFileMaker 12ではデザイナーも入れました。だから今度はもっとBoxを大きくしないといけませんね(笑)」

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ