このページの本文へ

iPhone 5で使いたい特選ヘッドフォン&ポータブルアンプ 2012秋 第2回

その音質はプライスレス! こだわりの高級ヘッドフォン7モデル

2012年11月20日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ULTRASONE待望のインナーイヤー型登場!
バランスの良さが光る「Tio」

とにかく小さい「Tio」

とにかく小さい「Tio」

 オーバーヘッド型では高価格で知られる「edition」シリーズなどで有名なULTRASONEブランドから、待望のインナーイヤー型が登場した。

 「Tio」(実売価格4万7000円前後)はシングルBA型のドライバーを採用するインイヤーモデル。後部が少し広がった円筒型のハウジングはアルミニウム削りだしとなっている。

シンプルながら高級感のあるリモコン

シンプルながら高級感のあるリモコン

 マイク/リモコンがついた1.2mのコードはOFC導体を採用するなど、高品質なパーツを吟味して採用している。

装着イメージ

装着イメージ

 イヤーピースは、ウレタンフォームが2サイズとシリコン製が5サイズ用意されており、バリエーションが豊富。装着してみると、小さなサイズということもあってかさばるようなことはなく、着け心地は良好。

 個人的にはウレタンフォームを指で潰してから装着すると耳の穴にぴたりとフィットし、好ましいと感じた。

自然でまとまりの良いサウンド
声の弾むような再現が楽しい

音質評価

  • 解像感 :★★★★
  • ボーカル:★★★★
  • 低音   :★★★
  • 音場感 :★★★★

 まずクラシックを聴くと、ティンパニの打音はやや非力ではあるが、素早く連続する打音もきちんと再現。量感が豊かでフルオーケストラの雰囲気も感じられるが、最低音域の伸びはやや不足気味となる。

 むしろ高く評価したいのは中音域を中心としたバランスの良さで、各楽器の音色や響きの余韻まで丁寧に再現する。ジャズでもウッドベースの深い低音の鳴りはやや物足りないが、サックスやトランペットの音色は厚みがあり、プレーヤーが息を吹き込んで音を鳴らしている感じがよく出ている。デリケートな音色の変化も多彩で、決してワイドレンジではないのだが、中音域の解像感はなかなかのもの。

 アニソンでは、スピード感あふれる曲をダイナミックに再現。量感を重視したシンセベースは弾むように鳴り、もたつくこともない。

 声にも張りがあってエネルギッシュな歌声になる。ポップスも同様で歌の抑揚がはっきりと出てリズム感のある聴こえ方になる。高域はあまり鋭くしないウォーム系の音色に仕上がっているので、聴き心地も良い。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中