このページの本文へ

国内未発売のWindowsタブ「Surface」が早くもアキバに

2012年11月02日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本国内の発売が見送られたマイクロソフトのタブレット「Surface」が、来週中にもアキバの店頭に登場する見込みだ。イオシス アキバ中央通店やビートオン秋葉原店などのイオシス各店にて入荷予告が始まっている。

アキバのイオシス各店がマイクロソフトのタブレット端末「Surface」の入荷予告を開始した。国内未発売の最新端末を入手するチャンスだが、入荷量は極少量。ショップでは来週中に入荷予定としている

 Surfaceは、マイクロソフトが新OSのWindows 8とともに発売した、独自開発の10.6型タブレット端末。OSにWindows RTを採用し、CPUにNVIDIAのTegra 3、メモリー2GB、1366×768ドットの5点マルチタッチディスプレーなどを搭載する。残念ながら日本は発表された販売対象国・地域から外れており、今後の販売も未定だった。詳しいスペックはこちらの記事を参照しよう。

 なお、Surfaceはカバー一体型のキーボード装備するのも特徴。打鍵感のある「Type Cover」とタッチセンサータイプの「Touch Cover」2種類がラインナップされているが、今回イオシス各店で販売されるのはTouch Coverタイプ。店頭にはカラーも複数色入荷するらしい。

 ただし、全店舗合わせての入荷数は極少量。ショップによれば「事前の予約にもできるだけ柔軟に対応したい」とのことなので、どうしても入手したい人は店頭に問い合わせてみよう。価格は64GBモデルが7万9800円で、32GBモデルが6万9800円だ。

 ちなみに余談ながら、ショップスタッフ曰く「本来なら1日に入荷するはずだったが、アメリカを襲ったハリケーン“サンディ”の影響で遅れてしまった」とのこと。アメリカ東海岸を大混乱に陥れたハリケーンの余波はアキバ店頭にも及んでいるようだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン