このページの本文へ

日本未発売のWindows RTタブ「Surface」を開封した!

2012年10月29日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本未発売の「Surface」を開封してみた

マイクロソフトのタブレット端末「Surface」

 マイクロソフトのタブレット端末「Surface」が、26日から出荷が開始された。残念ながら日本では現在のところ発売される予定はないとのことだが、海外で購入した製品を編集部で入手した。早速開封からフォトレポートとしてお届けしよう。端末自体のレビューは後日掲載予定だ。

編集部に届いたSurfaceを早速開封してみた

中身は説明書のほか、タブレット、キーボード、ACアダプターとシンプル

タブレットを保護しているビニールにはなぜか日本語で「プラ」の文字が(しかもフォントが微妙に変)。日本で発売されないんじゃ?

左側面に音量調整ボタンやイヤフォン端子

右側面にはUSB端子やACアダプター接続端子を備える

背面を起こして立てて使用することもできる

カバー一体型のキーボードには、打鍵感のあるType CoverとタッチタイプのTouch Coverの2種類があるが、今回入手したのは後者

Touch Coverはキーボードのストロークはなし。さすがに長時間のタイピングは大変かも?

ここから後少し近付けるだけでキーボードとタブレットはくっつくくらい磁石は強い

キーボードと接続した状態。これでごく普通のノートPCのように利用できる

キーボードは閉じればカバーとして利用できる。外側はキルト状の素材なので手触りも良い

ACアダプターは専用端子。できれば汎用性の高いUSB端子などが良かった

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン