このページの本文へ

24型AVボードPC「VAIO L」がWin8搭載&タッチモデル拡充

2012年10月01日 11時55分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは、24型ワイド液晶一体型デスクトップ「VAIO L」の2012年秋モデルとして、「SVL24129CJB」「SVL24128CJW・B」「SVL24126CJWI・B」を発表した。価格はそれぞれオープンプライス。店頭想定価格は、SVL24129CJBが約24万円、SVL24128CJW・Bが約21万円、SVL24126CJWI・Bが約17万円。発売は、SVL24129CJBとSVL24128CJW・Bが11月3日予定。SVL24126CJWI・Bのみ10月28日予定。

「SVL24129CJB」「SVL24128CJB」「SVL24126CJB」

「SVL24128CJW」

「SVL24126CJWI」

 VAIO Lシリーズ秋モデルは、従来モデル同様「VAIO Powered by BRAVIA」をうたい、BRAVIAの高画質エンジン「X-Reality」、高音質サウンドチップ「Sound Reality」、S-FORCE Front surround 3Dを搭載。BRAVIAレベルの高画質、高音質技術をまとめ、さらにテレビ関連機能の操作向けとしてBRAVIA同様のユーザーインターフェースを採用した。すべての映像がX-Realityを経由するため、高精細化、ノイズ低減、色再現性が向上している。

 サウンド関連では、6W×2に加えて8Wのウーファーを内蔵。ソニー独自の高音質技術と合わせて迫力のある音声を楽しめる。

 また、外付けHDDを接続するための「Monitor専用USB端子」を搭載しており、Windows 7を起動することなくテレビを視聴できる「スグつくTV」(地デジチューナー)からの番組録画などを行なえる。

 このほか上位モデルのSVL24129CJBでは、グラスレス3Dを実現。さらにSVL24129CJB、SVL24128CJW・Bでは静電式タッチパネル機能を搭載し、Windows 8ならではの快適なタッチ操作を大画面で楽しめる。

 なお、VAIOオーナーメードモデルでは、Core i7-3840QM(2.8GHz)/3740QM(2.7GHz)/3630QM(2.4GHz)などのより高速なCPUを選択可能だ。ストレージとして、256/512GB SSD、約2/3TB HDDも指定できる。

ソニーストア
主なスペック
製品名 VAIO L
型番 SVL24129CJB SVL24128CJW・B SVL24126CJWI・B
店頭想定価格 約24万円 約21万円 約17万円
CPU Intel Core i7-3630QM(2.4GHz) Intel Core i5-3210M(2.5GHz)
チップセット Mobile Intel HM76 Express
メインメモリー 8GB(最大16GB) PC3-12800 DDR3 4GB(最大16GB) PC3-12800 DDR3
ディスプレー(最大解像度) 24型ワイド(1920×1080ドット)、静電式タッチパネル搭載、3D対応、LEDバックライト 24型ワイド(1920×1080ドット)、 静電式タッチパネル搭載、 LEDバックライト 24型ワイド(1920×1080ドット)、 LEDバックライト
グラフィックス機能 NVIDIA GeForce GT 640M(2GB) Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ 約3TB HDD 約2TB HDD
光学式ドライブ BDXL対応Blu-ray Discドライブ
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、MONITOR用有線LAN(100BASE-TX、DLNA用)
インターフェース USB 3.0端子×3、USB 2.0端子×3、MONITOR用USB(外付けHDD接続用)、HDIMI出力端子(3D対応)、HDMI入力端子、IEEE1394端子、ビデオ入力端子、顔認識機能付き100万画素ウェブカメラ、Bluetooth 4.0+HS USB 3.0端子×3、USB 2.0端子×3、HDIMI出力端子、HDMI入力端子、、MONITOR用USB(外付けHDD接続用)、IEEE1394端子、ビデオ入力端子、131万画素ウェブカメラ、Bluetooth 4.0+HS
カードスロット メモリカードスロット(SD/SDHC/SDXC/UHS、メモリースティック デュオ)
テレビ機能 地上/BS/110度CSデジタルチューナー×2、スグつくTV(地デジチューナー)、VAIO AVCトランスコーダー×2、X-Reality
サウンド機能 ステレオスピーカー(6W+ 6W+8W)、モノラルマイク、ヘッドホン端子、マイク端子、高音質サウンドチップ(Sound Reality)、S-FORCE Front surround 3D
本体サイズ/重量 約幅593×奥行き172〜191×高さ414〜428mm/約11.9kg 約幅588×奥行き172〜186×高さ411〜423mm/約11.5kg
OS Windows 8(64bit)
ソニーストア

ソニーストア

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中