このページの本文へ

あいつら、未来に生きてるぜ!MMDの魅力を徹底解説 最終回

すべては愛のなせるワザ!美しすぎる3Dを作る「MMDer」たち

2012年09月15日 12時00分更新

文● kawara(@kawaraSAN

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コミカルな動きはNo.1/ドロヌマP

ハートフルで、笑い満載の3分50秒。ぷちミクたちが、そこいらへんの花の蜜を吸ったり、できない側転をしたり。子供時代に思わず帰りたくなって涙が出る。そんな名作だ。

 MMDは、3DCGソフトというよりはアニメーション作成ソフトに近いと言われる。それは、高度な描画を指向せず、トゥーンシェーダーと呼ばれるマンガ的な絵作りが特徴でもあるからだ。MMD界隈にも、これを生かしたアニメ的なドラマ作品を作るクリエーターがたくさんいる。なかでも、ドロヌマPは、独特の細かいモーションや画面にさまざまな遊びを仕込むことで、コミカルで、それでいてどこか懐かしい世界をMMDで切り取っている。その技術の確かさから、専門的な勉強をされた方に違いない、と、思いきや。ドロヌマPに話をうかがった。


Interview with ドロヌマP――
どっちかっていうと内輪向けに作ってます

―― いきなりですが、ドロヌマPの、MMDを始められたきっかけは?

ちょっと恥ずかしいけど、自分は映画の監督とかやってみたかったんです。で、夢だよなーと思ってたときにMMDに出会いました。映画とまではいかないけど夢はかないました。


―― それまでに、ショートフィルムとか作られた経験はあったのですか?

まったくないですね、妄想だけはしていましたが(笑)。今は、好きなようにモデルに動いてもらうのが楽しいです。

キャラクターのコミカルな動きがドロヌマPの持ち味


―― 動いてもらう……。MMDerの方は、みなさんそうおっしゃいますね。その、モーションですが、ドロヌマさんといえば、MMDで最高のクリエーターだと思うのです。

それもないですね。CGの勉強したことも触ったこともない。


―― あの動き。アニメの教本などで勉強されているのかと思ったのですが。

それもない!(笑) アニメは意識して動かしていますが、今は動かすほうが楽しくなっちゃって、アニメもすっかり見ていません。アニメ的といえば、動きを少し大げさにしています。あと物理演算は使わないで、髪とかも大きく動かすようにはしています。

物理演算は使わず、すべてモデルを“手動で”動かして作っている


―― してますって……。簡単にはできない……。動きは、人間を観察して作るんです?

いや、全部頭の中でつくった、ウソの動きです。


―― 驚きました。話を最初に戻すと、最初に見たMMD作品って、何です?

初めて見たのは数物Pの9人のミクが出てくる動画(現在は非公開)、コレを見て自分もやってみたいなと手を出しました。最初は30分で諦めましたが(笑)。


―― 『カオスなラジオ体操』の方ですね。でも、挫折せずに続けたわけですよね。

初めての作品は、これ

デビュー作、撲殺天使ドクロちゃんOP風MMD動画。「お、おう・・」と言いたくなる出来栄え

―― えええ、知らなかった。載せていいんですか、これ(笑)。

いいですけど、恥ずかしいなー。これ、作った動機は、友達に見せて「バカでーー(笑)」とやりたかっただけ。


―― いえ、すごく勇気づけられます!(笑) ところで、画面のなかにあれもこれもと盛り込むエンターテイメント性もドロヌマPの特徴だと思うのですけど、あれは、サービス精神?

サービスというかなんというか。友達が作ったアクセサリー(小物)を使うのが楽しいからです。なんだか一緒に動画を作っているような気持ちになれます。杯のトロフィーとかもそう。


―― つながりというか、コミュニケーションを大事にされていると。

どっちかっていうと内輪向けに作ってます。

MMD動画を作るのは、MMDを使っている友達とのコミュニケーション


―― そういえば、『怒りのミク・リン』シリーズも、あにまさ式ミクのあにまささんをいじった作品ですよね。……ひょっとして、ドロヌマPがモーションをつきつめたり、いろいろ盛り込んだりするのって……単に作って楽しいから?

うん、そう。おかげでごちゃごちゃしちゃうし、大変だけどね。苦しくはないけど、大変はいつもありますよ。でも動画が完成したときは、その何倍もいい気持ちになれるので、この趣味をやめられません。


ドロヌマP マシン環境&使用ソフト

CPU:Core i7 2600K 2.60GHz 、メモリー:16GB
グラフィック:GeForce GTX 560 Ti、(1GB) OS:Windows 7 64bit Professional
ソフト:MMD、PMDエディタ、Aviutl、Metasequoia、つんでれんこ


ドロヌマP おすすめMMD
【第3回MMD杯本選】プレゼント【ののワさん】

とあるボカロ家の温かい雰囲気に惹かれたののワさんは……。涙なしには見れない、MMDドラマの傑作。SF系のドラマを作らせたら随一であり、ドロヌマPのいじり友(?)でもあるゴロゴロウさんの作品。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン