このページの本文へ

ソニー、東芝、サムスン、エイサー、デルなど各社が製品を展示

Windows 8が見えてきた! IFA登場の最新モデルをまとめる

2012年09月08日 09時00分更新

文● 大河原克行 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

11.6型スレートPCや大画面27型一体型機などを展示したエイサー

 台湾エイサー(Acer)がIFA 2012で展示したのは、Windows 8搭載のスレートPCの「ICONIA W700」「ICONIA W510」、ノートパソコンの「Aspire S7」、オールインワン型デスクトップの「Aspire 7600U」などだ。

IFA2012のエイサーブースの様子

 スレートPCのICONIA W700は、インテルのCore i3/i5を搭載。10本指でのマルチタッチが可能な11.6型のフルHDディスプレーを採用している。32GBあるは64GBのSSDを搭載し、アルミニウムのボディに薄さ11.9mmを達成。8時間以上の長時間駆動を実現。スタンバイ状態では約2週間のバッテリー寿命があるという。背面には5メガドットのカメラを搭載、前面には1.3メガドットのカメラを搭載している。

スレートPCのIconia W700

 同じくスレートPCのICONIA W510およびW511は、キーボードを接続することでノートパソコンとしても利用が可能な製品。インテルの新世代Atom(Clover Trail)を搭載。10.1型のHD液晶ディスプレーに、64GBの埋め込み型半導体メモリー(eMMC+)を搭載している。8.8mmの薄さと600gの軽量化を実現しており、8時間以上の長時間駆動を達成している。キードッグを利用した場合には、16時間以上の利用が可能となっている。カメラは背面が8メガドット、前面が2メガドットとなっている。

スレートPCのICONIA W510。キードッグを利用できる

UltrabookのAspire S7

 ノートPCのAspire S7は、インテルi5およびi7を搭載したUltrabook。11型および13.3型のフルHDマルチタッチディスプレーを搭載。4GBのDDR3 RAMと、256GBのSSDを搭載する。11.9mmの薄さと、1.3kgの重量となっており、6時間以上のバッテリー駆動時間を実現している。

オールインワンPCのAspire 7600U

 また、オールインワンPCのAspire 7600Uは、Core i7を搭載したWindows 8モデルで、27型のフルHDディスプレーを搭載。10本指でのマルチタッチが可能となっている。8GBのDDR3 RAMのほか、1TBのHDDと32GBのSSDキャッシュを搭載。NVIDIAの GeForce GT640Mミグラフィックスを採用している。DVD Super Multi Double Layerドライブのほか、Blu-ray Comboドライブを選択することも可能となっている。

 なお、いずれの製品も日本ではの発売時期や価格などは未定となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン