このページの本文へ

ソニー、東芝、サムスン、エイサー、デルなど各社が製品を展示

Windows 8が見えてきた! IFA登場の最新モデルをまとめる

2012年09月08日 09時00分更新

文● 大河原克行 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーは、ディスプレー部がスライドするタブレットPCなど

 ソニーは、Windows 8を搭載したVAIOの新製品をIFA 2012で発表した。

 液晶ディスプレーの角度を変えて、用途に応じた使用が可能な20型液晶ディスプレー搭載の「VAIO Tap 20」、液晶ディスプレー部がスライドすることでタブレットPCとしても使用が可能なノートPCの「VAIO Duo 11」など。

20型液晶ディスプレー搭載の「VAIO Tap 20」

 「VAIO Tap 20」は、用途に応じて液晶ディスプレーの角度を変えることができる20型液晶ディスプレー搭載の一体型PC。机に平置きのような角度まで可動できるようになっている。10本指によるタッチ操作が可能。同社はこれをテーブルトップPCと位置付ける。

 CPUにはCore i7、Core i5およびCore i3を搭載。メモリは4GBおよび8GBを用意。ハードディスクは750GBあるいは1TBとしている。ビルトインバッテリーを搭載し、家のなかを持ち歩きができるようにしているのが特徴で、2.1chのスピーカーを搭載し、高音質のオーディオを楽しむことができる。また、Mobile BRAVIA Engine 2を搭載している。


 「VAIO Duo 11」は、ノートPCスタイルから、液晶ディスプレー部をスライドすることでタブレットPCとしても使用が可能なハイブリッド型ノートPC。Ultrabookのカテゴリーに含まれるPCだ。

タブレットPCとしても使用が可能なノートPCの「VAIO Duo 11」

 CPUには、Core i7あるいはCore i5、Core i3プロセッサを搭載し、11.6型液晶ディスプレーを採用。10本指で操作できるタッチ機能も搭載した。薄さは、17.8mm。重量は1.3kg。4GBまたは8GBのメモリを搭載。128GBあるいは256GBのSSDを搭載するという。サイズは、32×199×17.85mm。

 軽量化しながらもフル機能を備えたUltrabookと位置づけており、タブレットとしては快適に動作するペンスタイラス操作が可能だという。

 また、シートバッテリーソリューションにより、長時間バッテリー駆動も実現しているという。拡張シートバッテリーを接続すると、約2倍の長時間駆動が可能になる。


 合わせて同社はタッチ機能を搭載したVAIO E Series14およびVAIO T Series13も発表した。

写真はタッチ対応としたVAIO E Series14

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン