このページの本文へ

ソニー、東芝、サムスン、エイサー、デルなど各社が製品を展示

Windows 8が見えてきた! IFA登場の最新モデルをまとめる

2012年09月08日 09時00分更新

文● 大河原克行 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レノボは、ディスプレー部を360度曲げられるYogaなどを展示

 レノボ(Lenovo)は、IFA 2012の同社ブースにおいて、Windows 8が動作する「Lenovo IdeaPad Yoga」のほか、Android 4.0が動作するタブレット端末の「IdeaTab S2110A」、7型液晶ディスプレー搭載の「IdeaTab A2107A」などを展示した。

IFA 2012でのレノボブースの様子

 CES 2012でも公開された、Lenovo IdeaPad Yoga 13は、インテルCore i7プロセッサーを搭載できるUltrabookで、13.3型の液晶ディスプレーを搭載。10本指でのマルチタッチ操作が可能となっており、同社ブースではWindows 8を動作。液晶ディスプレー部を360度折り曲げられるユニークな形状が特徴だ。薄さは16.9mmとなっており、重量は1.4kgとなっている。

Lenovo IdeaPad Yoga 13

液晶ディスプレーを360度折り曲げることができる

 IdeaTab A2107Aは、7型の1024×600ドットのマルチタッチディスプレーを搭載したAndroid端末。Wi-Fiモデルと、Wi-Fi+3Gの2機種が用意されるという。

Androidにも積極的なレノボ

 IdeaTab A2109Aは、NVIDIA Tegra 3クアッドコアプロセッサを搭載。9型の1280×800ドットのマルチタッチディスプレーを備え、Android 4.0を採用している。

9型ディスプレーを搭載したIdeaTab A2109A

ドッキングユニットから取り外して利用するIdeaTab S2110A

 IdeaTab S2110Aは、10.1型のIPSマルチタッチIPS液晶ディスプレーを搭載。1280×800ドットの解像度を実現したAndroid端末。Android4.0を搭載している。Docking-Tastaturユニットにより、ノートPCの形状で利用できるが、ここから液晶部を取り外して、タブレット端末としての利用が可能になっているのが特徴だ。タブレットの薄さは8.69mmで、重量は580gとなっている。

一体型機や発表したばかりのX1 Carbonも

 Lenovo IdeaCentre A520は、10本指での操作を可能とした23型のフルHDディスプレーを搭載した製品。CPUには、インテルCore i7プロセッサを搭載。8GBのDDR3メモリー、1TBのハードディスクを搭載している。 

23型のフルHDディスプレーを搭載したLenovo IdeaCentre A520

ThinkPad X1 Carbonをレノボブースに展示

歴史を振り返りながらThinkPadが20周年を迎えたことにも訴求

 そのほか、同社ブースでは、日本でもすでに発表されたUltrabookの「ThinkPad X1 Carbon」を展示。ThinkPadが20周年を迎えることもあわせて紹介していた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン