このページの本文へ

パワーアップ男子力! 漢ならこのアイテムを装備しろ! 第4回

男子力が上がるUSB扇風機 後編

暑さにマケズ! 夏コミに最適なUSB扇風機はどれだ!?

2012年08月01日 16時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

夏の祭典・コミケには
このUSB扇風機+5400mAhのモバイルバッテリーを持ってけ!

 男子力を最も高めるUSB扇風機の使い方は、スマホ充電用のモバイルバッテリーとの併用だ。なかでも男子力を求められる8月10~12日に開催されるコミケでは、生命維持装置としての意味合いも大きい。

 昔と違ってビッグサイトのエアコンの性能は、1日20万人が来場するコミケでも十分機能するが、次の4つのシーンではエアコンが効かない、もしくはない状態だ。

  1. 入場待機列(大体9時ごろから暑くなり出し、待機列のなくなる11時ごろまで)
  2. 東館と西館の連絡通路(なぜかあそこはエアコンが弱い)
  3. 西館企業ブース頒布待機列(炎天下に、外で待たされるので死にそうに暑い)
  4. コスプレ広場(日陰は早々に押さえられてしまうので死ぬほど暑い)

 コミケに参加したことがない人に、その暑さを言葉で表現するのは難しいが、ペットボトル飲料を1リットル以上飲んでも、まったくトイレに行きたくならないぐらいの暑さと言えば分かるだろうか? ぶっちゃけた話、水分をいくらとってもぼうこうにたどり着く前に汗で蒸発してしまうのだ。尿と汗が同じという生物学を身をもって理解できる。

乾電池式の携帯扇風機。羽根はビニール製なので、回転している羽根に手が触れてもケガをすることはないが、危険かどうかは神であるスタッフの判断に委ねられる

 そんな過酷なイベントなので、単4電池などで動く小型の扇風機を持って歩く同志の姿も見かけるが、電池は持っても1時間程度だ(パナソニックやエナジャイザーの使い捨てリチウム乾電池なら倍ぐらいはイケるかも?)。数時間も会場をうろつくととなると、電池を何本も持って歩かなければならないばかりか、露出した羽根が危険ということで、スタッフから使用禁止を言い渡されかねない(危険と判断されないこともあるが)。

 そこで今回試した扇風機の中で、コミケに最適な扇風機を選んでみた。それが次の2機種だ。

エレコムの「シロッコファンタイプUSB扇風機」

「USB対応 卓上羽根なし扇風機 Mini Bladeless Fan」。リング状の上部は外して下部のみ(笑)

 ためしにパナソニックのモバイルバッテリー(5400mAh)でシロッコファンを連続運転したところ、10時間19分の利用が可能だった。これなら始発から待機列に並び、西館で有名企業の頒布品をゲットしたあとに、コスプレ広場でカワイイ娘を並んで撮影(もちろん囲み撮影にも参加だ!)、その後、近隣の駐車場で痛車見物しに行くという、超ハードなコミケをエンジョイしても涼めるだろう。こんなことしてたら、電池の前に体力が切れるかもしれないが……。

ビデオカメラをセットして連続利用時間を測定中

 シロッコファンより風力が強く、消費電力も少し高めのダ○ソンもどき(改)でも、連続稼働時間は7時間24分(5400mAhモバイルバッテリー利用時)とかなり実用的な連続運転が可能だ。

 いわゆる扇風機の形をしたものは、羽根のガード部分が弱いのでスタッフに危険物と判断される可能性もあるので避けたほうがいいだろう。また、オススメする2機種についても、バッテリーをカバンに入れ本体を持ち歩くと、電線が他の人に引っかかる可能性があるので、これも注意されかねない。じゃあどうすりゃいいんだよって話だが、コードをまとめて本体とモバイルバッテリーをテープなどで固定して一体型にするといい。それを「転がるものとして危険物扱い」されたら、素直に諦めよう。

こうしてバッテリーと本体、電線をテープで止めておけば、注意される確率はかなり減るはずだ

 「それじゃぁ会場でスマホの電源が切れたら充電できないじゃないか!」というアナタには、開場から13時ごろまではスマホの電源を切っておくことをオススメする。この時間帯は、音声通話回線が毎回パンクしているので、どうせほとんど通話ができない(関連記事)。まー、メールで連絡するって人は、もう1個モバイルバッテリーを持っていきゃぁいい話だ。

アニメファンじゃないという人は
究極のサテライトオフィスに!

 筆者のようにアニメとはまったく無縁で、テレビはNHKとディスカバリー/ヒストリーチャンネル、ナショナルジオグラフィックしか見ないというエグゼクティブには、究極のサテライトオフィスをオススメしたい。営業職だとちょっとムリだが、デスクワークなら海辺や河原、キャンプ場や山の頂がオフィスになる。

 ただUSB扇風機は小型ゆえ広範囲に風を送れないので、大量の扇風機とモバイルバッテリーを持っていく必要があるが。

気温34度の中で、無茶なクライアントのオーダーを受けると、すべてをブチ壊したくなる! アチー!

どんなに暑かろうと、USB扇風機で体と頭を冷やせば、心もクールに。無茶なオーダーにも機転を利かせて、問題も即解決!(できるはず)

 このようにUSB扇風機があるとないとでは、サテライトオフィスの品格が雲泥の差となる。サテライトオフィスで最も活躍するのは、やはり扇風機を内蔵したキーボードだ。アルミ製なので手を置くとひんやりして、手を休めて考え事をしていると、ファンで手の汗を乾かしてくれる。しかも、体温でキーボードが温まってしまっても、しばらく休憩している間に再びひんやり。本当はおそろいのマウスのあるのだが、今回は売り切れで買えなかったのが残念だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン