このページの本文へ

Google Play対応のお風呂テレビなどがパナソニックから

2012年05月31日 19時55分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「VIERAワンセグ SV-ME1000」はレッドとホワイトの2色展開となる

「VIERAワンセグ SV-ME1000」はレッドとホワイトの2色展開となる

 パナソニックから、Android 2.3搭載のポータブル映像端末3製品が発表された。いずれの製品も「Google Play」対応だ。

お風呂テレビとしても利用できるホームタブレット

 「VIERAワンセグ SV-ME1000」(6月25日発売予定、予想実売価格4万3000円前後)はポータブルワンセグテレビ兼タブレットという位置づけの製品。7V型(800×480ドット)のディスプレーを搭載する。

 IPX6/7相当の防水仕様となっており、お風呂での使用も可能となっている。ワンセグチューナーを内蔵するほか無線LANも搭載。「お部屋ジャンプリンク」(ホームネットワーク機能)にも対応するため、同社のBDレコーダー「DIGA」(お部屋ジャンプリンク対応機)などで録画した番組を視聴したり、SV-ME1000に持ち出したりできる。

 加えて、「放送転送」機能対応のDIGAがあれば、DIGAで受信した地上/BS/CSデジタル放送をSV-ME1000でリアルタイムに楽しめる。

 前面に30万画素、背面に200万画素のカメラを搭載。本体には4GBのメモリーを内蔵するほか、SDメモリーカードスロット(SDHC、SDXC対応)も搭載する。

 バッテリーによる稼働時間は、ワンセグ視聴時で最大約6時間、お部屋ジャンプリンク使用時で最大約5時間。本体サイズは幅191.5×奥行き16.6×高さ131mm、重量は479gとなる。

アウトドアでも使える
デジタルメディアプレーヤー

「UN-MT300」

「UN-MT300」

 デジタルメディアプレーヤーの「UN-MT300」(7月25日発売予定、予想実売価格4万3000円前後)は、4型(480×800ドット)のディスプレーを搭載。

 SV-ME100と同じくIPX6/IPX7相当の防水に対応し、さらに1.2mからの落下に耐えうる耐衝撃性も備える。

 加えてGPSも内蔵しており、山歩きをサポートする「山歩きパートナー」やゴルフ場でのプレーをサポートする「Sky Shot 2 Single!」、「MAPPLE デジタル地図データ」といったアプリを初期導入している。

 本機はワンセグチューナーとFMラジオチューナーを内蔵するほか、お部屋ジャンプリンクには対応しており、録画番組の持ち出しも可能。前面に30万画素、背面に200万画素のカメラを搭載。内蔵メモリーは8GBで、microSDカード(microSDHC対応)も利用できる。

 バッテリーによる稼働時間は、ワンセグ視聴時で最大約6時間、山歩きパートナー使用時で約12時間となっている。本体サイズは幅68×奥行き13.5×高さ138mm、重量は168g。

フォトフレームとして使える
コミュニケーションビューワー

「UN-W700」

「UN-W700」

 SV-ME1000と同じ7V型(800×480ドット)のディスプレーを搭載する「UN-W700」(予想実売価格3万5000円前後)は、お部屋ジャンプリンクで録画コンテンツを楽しんだり、Skypeでビデオチャットをするなどに特化した“コミュニケーションビューワー”。

 防水仕様ではなくワンセグも内蔵しないが、FacebookやTwitterの情報を表示できる写真スライドショー機能を搭載。フォトフレームとして活用できる。

 また、同社の無線LAN内蔵デジタルカメラ「DMC-FX90」の写真を直接受信したり、電子メールで送られてきた写真を受信することができる。

 前面に約200万画素のカメラを搭載。内蔵メモリーは4GBで、SDメモリーカード(SDHC、SDXC対応)も利用できる。バッテリーによる稼働時間は、お部屋ジャンプリンク使用時で最大約2時間、フォトフレーム使用時で最大約3時間となる。本体サイズは幅201.4×奥行き93.9×高さ150.1mm、重量は431g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画